[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花がV本命 米記者が分析するザギトワに勝つ条件とは? 「運命を握るのはSP」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日からカナダ・バンクーバーで開幕する。女子では平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)、シニア初参戦の紀平梨花(関大KFSC)、宮原知子(関大)が氷上で華麗な戦いを演じることになるが、米メディアでは16歳の紀平の金メダルを予想。「ノーミスのザギトワも倒すチャンスがある」と高く評価している。

GPファイナルで金メダル獲得が期待される紀平【写真:Getty Images】
GPファイナルで金メダル獲得が期待される紀平【写真:Getty Images】

米名物記者が女子シングルをプレビュー

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日からカナダ・バンクーバーで開幕する。女子では平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)、シニア初参戦の紀平梨花(関大KFSC)、宮原知子(関大)が氷上で華麗な戦いを演じることになるが、米メディアでは16歳の紀平の金メダルを予想。「ノーミスのザギトワも倒すチャンスがある」と高く評価している。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

「2018年グランプリファイナルプレビュー これ以上の大会はあるのか?」と女子シングルを展望したのは、米国のジャッキー・ウォン記者のブログメディア「ロッカースケーティング」だった。

 長年フィギュアスケートの取材を続けるウォン記者は今大会の金メダルに「Rika Kihira」の名前を挙げている。

「この大会で優勝し、その過程で五輪女王を倒せるか、キヒラにとってはトリプルアクセルに全てがかかっている」

 特集では、代名詞のトリプルアクセルの成功が紀平のシニア転向初のメジャータイトルの行方を左右すると分析する一方、日本の“ミス・パーフェクト”と比べると改善の余地は存在するという。

「全体的なスケーティングと、音楽性はミヤハラのレベルにまだまだ及んでいないが、世界最高の基礎点を持ち、非の打ち所のない出来栄えを見せる。彼女にはノーミスのザギトワを倒せるチャンスがある。現時点でそれができるのはほんの数人だけだ」

 卓越したスケーティング技術と表現力を誇る宮原の域には達していない16歳だが、それでも女王ザギトワ相手に優勝できる実力を持っているという。

 そんな紀平のスタイルについて「ハイリスク・ハイリターン」と分析。「自分の運命を握りたいなら、ショートプログラム(SP)でのミスは許されない」と打倒ザギトワの条件を挙げている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集