[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の米上陸戦で完敗ニエベスが持論「ロマゴンもみんなこの男から逃げていた!」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。来春、米国が候補に挙がり、2度目の海外戦を迎える可能性が高まっている。初めて国外リングに上がったのは昨年9月に米カリフォルニアで行われたフーパーフライ級の祭典「Superfly」。アントニオ・ニエベス(米国)を6回TKOで沈めたが、完敗したニエベスはスーパーフライ級の猛者が井上戦から「全員逃げていた」と主張している。

井上(左)は昨年9月にニエベスを6回TKOで下した【写真:Getty Images】
井上(左)は昨年9月にニエベスを6回TKOで下した【写真:Getty Images】

ニエベスがSNSで言及「みんなと同じように初回KOされなかったと持ち出してくる」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。来春、米国が候補に挙がり、2度目の海外戦を迎える可能性が高まっている。初めて国外リングに上がったのは昨年9月に米カリフォルニアで行われたフーパーフライ級の祭典「Superfly」。アントニオ・ニエベス(米国)を6回TKOで沈めたが、完敗したニエベスはスーパーフライ級の猛者が井上戦から「全員逃げていた」と主張している。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 ボクシング界で最も権威を持つ米専門誌「リング」来年2月号の表紙を日本人として初めて単独で飾ることになった井上。本場・米国では昨年9月にモンスター伝説を刻んでいた。

 スーパーフライ級の猛者が集結した祭典「Superfly」にWBO王者として参戦。ご当地ファイターのWBO同級7位ニエベス相手に無双モード。強烈な左のボディフックでダウンを奪うなど、モンスターの異名通りの強さで6回目の防衛に成功し、米メディアに絶賛の嵐を起こした。あれから1年以上経つが、当時完敗を喫したニエベスは自身のツイッターで井上について言及した。

 プロトレーナーのジョー・デルガイド氏のツイートが「アントニ・ニエベスは真のプロフェッショナルだ。彼は18勝2敗2分けで、ジムで練習に励み、節制を続けている。本当の敗北はナオヤ・イノウエとの一戦だけかもしれない。彼は115パウンドか118パウンドで本物のチャンスに備えている」とツイートすると、これを引用する形でこうつづった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集