[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「早く良くなってね、Yuzu-kun」 羽生結弦、憧れのウィアー氏も回復の祈り

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルに出場を予定していた羽生結弦(ANA)は右足首の負傷により大会欠場となった。五輪連覇した絶対王者不在となったが、憧れの名手は1日も早い回復の祈りを捧げている。

GPファイナル出場を断念した羽生にウィアー氏がメッセージを送った【写真:Getty Images】
GPファイナル出場を断念した羽生にウィアー氏がメッセージを送った【写真:Getty Images】

今季SP「秋によせて」の“本家”ウィアー氏から温かい励まし

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルに出場を予定していた羽生結弦(ANA)は右足首の負傷により大会欠場となった。五輪連覇した絶対王者不在となったが、憧れの名手は1日も早い回復の祈りを捧げている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 GPシリーズ連勝と貫禄を見せつけながら、ロシア杯フリーの公式練習で負った右足首の負傷により無念の欠場となった羽生。世界のファンに落胆する声と回復を願う声が広がっているが、羽生が憧れる米国の名手ジョニー・ウィアー氏も反応。GPファイナル欠場を報じたニュースを引用し、「早く良くなってね、Yuzu-kun(ユヅくん)!」とツイートしている。

 羽生が今季演じているショートプログラム(SP)の「秋によせて」はかつてウィアー氏が演じたもの。GPフィンランド大会で世界最高得点を叩き出した際には「絶対的に素晴らしいスケーティング」と絶賛するなど、羽生を誰よりも認める存在だった。羽生にとっても、憧れの人から受けた温かい励ましは何よりの力になるだろう。

 国際スケート連盟も「私たちはユヅル・ハニュウの早い回復を願っています」と公式インスタグラムにメッセージを掲載するなど、唯一無二の王者を思う声は海外にも広がっている。12月には全日本選手権も控えているが、まずは怪我を完治させることを最優先し、万全の状態でリンクに戻る日を待ちたい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集