[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

主審に顔面蹴り炸裂… 仰天の“敵&審判ダブルKO”に米衝撃「酷い」「なんてこった」

海外格闘技でKO寸前でTKOを宣告しようと割って入ったレフェリーに誤って顔面蹴りが炸裂。相手選手、レフェリーともにマットに倒れ、そのまま試合終了する“ダブルKO”の珍事が発生した。衝撃シーンを米スポーツ専門局「ESPN」が動画付きで公開し、本場の格闘技ファンも「酷い。クレイジーだ」「これはダブルノックアウトだ」「ロッキー2か?」と仰天している。

ムエタイで衝撃のKOシーンが発生した(写真はイメージです)【写真:photolibrary】
ムエタイで衝撃のKOシーンが発生した(写真はイメージです)【写真:photolibrary】

ムエタイで衝撃シーン発生、ESPN公開「あなたはダブルKOを見たことある?」

 海外格闘技でKO寸前でTKOを宣告しようと割って入ったレフェリーに誤って顔面蹴りが炸裂。相手選手、レフェリーともにマットに倒れ、そのまま試合終了する“ダブルKO”の珍事が発生した。衝撃シーンを米スポーツ専門局「ESPN」が動画付きで公開し、本場の格闘技ファンも「酷い。クレイジーだ」「これはダブルノックアウトだ」「ロッキー2か?」と仰天している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 前代未聞のシーンだった。24日にタイで行われたMAXムエタイ、ゴウ・ダクイ(中国)とスーパー・シストンティデッヒ(タイ)の一戦、2回残り1分の場面だ。

 試合は青のパンツのゴウが優勢。赤のパンツのシストンティデッヒはもうふらふらの状態となり、決着の瞬間は近づいていた。そして、ゴウは一気に仕留めようとパンチで連打を繰り出し、距離を詰める。これにシストンティデッヒは手を出せず、ガードするのもやっと。続行不可能を判断したレフェリーが間に割って入る。TKOで試合終了。そう思った次の瞬間だった。

 わずかにタイミングが遅れ、ゴウが放ったハイキックがなんと、飛び込んだレフェリーの顔面に炸裂。そのまま倒れ込んだ。顔面を押さえ、なんとか起き上がろうとするが、体が思うように行かない。慌てて関係者が飛び込んで駆け寄ると、戦意を喪失していたシストンティデッヒも隣で膝から崩れ落ちた。騒然とする雰囲気のなか、関係者が両手を振り、続行不可能を宣言した。

 実況席も「なんてことだ」と言わんばかりに大絶叫し、ゴウもちょっと戸惑った様子で両手を挙げ、勝利をアピールしていた。中国紙「サウス・チャイナ・ポスト」は「中国のムエタイファイターがのノックアウト、レフェリーも…」と特集。「中国のムエタイファイター、ゴウ・ダクイが土曜の夜に相手と共に審判もノックアウトした」と驚きの一戦をレポートしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集