[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、露メディアが伝える熱狂の裏側「人気でザギトワはハニュウに負けている」

ロシアにもファンクラブ会員は2万人、男性も少なくない

 記事では今大会には日本から約2000人のファンが駆け付けたことも紹介。日本人ファンにも取材をしており、「東京から10時間以上かけてきました。家族全員で費用が3000ドル(約33万9000円)かかります」というコメントを紹介している。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 その上で、羽生のファンは女性だけでないことにも言及。夫婦で応援に訪れるファンも少なくないことを紹介している。

「シングル選手の最初の練習の観客席に3000人以上の人がいた。サッカーW杯が思い出される。すべての代表チームがそれほどの人々を練習で集めたわけではない。W杯の練習では見学は無料だが、フィギュアスケートでは試合の時の同じように練習を見るためにもお金を払わなくてはいけない」

 練習日から多くのファンで賑わっていたことを伝えている。「チケットを買ったほとんどの人々はハニュウを見に来る。ロシアにもハニュウのファンクラブがある」とロシアでの人気ぶりにも言及している。

 記事では、現地の古くからのファンクラブの会員であるレギナさんのコメントを紹介している。

「私たちは本当についている。最高のフィギュアスケーターがやってくる。合計して約200~300人の熱心なファンがいます。グループにはおよそ2万人います。女性の方が多いけど男性もいます。私は可能な限り友達とともにハニュウの大会に行きます。今年のカレンダーは素晴らしい。ハニュウはヘルシンキとモスクワで演技した。全日本選手権に行くために銀行でお金を借りないと」

 美しい圧巻の演技に加え、松葉杖をつきながら表彰台に上がる姿は日本のみならず、ロシアのファンの心も強く揺さぶったようだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集