[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アルバトロス寸前…! 谷原秀人の超絶ショットに海外興奮「ファンタスティック」

ゴルフの国別対抗戦ISPSハンダワールドカップ(オーストラリア・メルボルン)は22日、第1ラウンドを行い、日本代表の小平智&谷原秀人ペアは2イーグル、3バーディー、1ボギーの66をマーク。首位と4打差の6アンダー、13位タイでスタートした。それぞれが自分の球でプレーし、良い方のスコアを採用する「フォアボール形式」で行われた初日に魅せたのは谷原。9番ホールでアルバトロス寸前のスーパーショットを放つシーンを、欧州ツアーが動画で公開。ファンの喝采を浴びている。

谷原秀人【写真:Getty Images】
谷原秀人【写真:Getty Images】

ゴルフの国別対抗戦で谷原のスーパーショットに脚光

 ゴルフの国別対抗戦ISPSハンダワールドカップ(オーストラリア・メルボルン)は22日、第1ラウンドを行い、日本代表の小平智&谷原秀人ペアは2イーグル、3バーディー、1ボギーの66をマーク。首位と4打差の6アンダー、13位タイでスタートした。それぞれが自分の球でプレーし、良い方のスコアを採用する「フォアボール形式」で行われた初日に魅せたのは谷原。9番ホールでアルバトロス寸前のスーパーショットを放つシーンを、欧州ツアーが動画で公開。ファンの喝采を浴びている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 谷原が抜群のショットで快挙に迫った。476ヤードの9番ホール、ラフからの第2打だ。上下白をまとった谷原のショットはピンへ向かった。グリーンの手前へキャリーで運ぶと、2度バウンドし上りの傾斜も乗り越えて、グリーンオン。そしてピンへぐんぐん迫っていった。

 入れば、アルバトロス……そんな期待も高まったが、ボールはほんのわずかにカップを逸れ、20センチほどオーバーしたところでストップ。実況アナウンサーも「オオッ!」と思わず感嘆するスーパーショットで、楽々イーグルを奪ってみせた。

 欧州ツアーは公式インスタグラムで「あと一歩でアルバトロスだった」と題して谷原の見事なショットを動画で公開。すると海外ファンからは「美しい」「ファンタスティック」「ゴー・ヒデト!」など喝采が上がっていた。

 28か国が参加し2年ぶりに開催されたゴルフの世界一決定戦。2016年は松山英樹&石川遼ペアで出場し6位だった。首位と4打差とまずまずのスタートを切った日本代表。2002年以来の優勝へ、2日目以降もスーパーショットに期待したい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集