[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、大学屈指の逸材との対戦で燃えたワケ「だから、彼を防がなければならない」

米大学バスケットボールの8チームによるトーナメント「マウイ・インビテーショナル」は21日(日本時間22日)、決勝が行われ、八村塁が所属するゴンザガ大が89-87でデューク大を破り、9年ぶりの優勝を飾った。八村は20得点、7リバウンド、5アシストを記録。獅子奮迅の働きを見せ、大会MVPに輝いた。快挙には「まさか僕たちにMVPがいたなんて知らなかったね」と驚きを隠せなかった。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

八村の獅子奮迅の活躍に現地紙脚光

 米大学バスケットボールの8チームによるトーナメント「マウイ・インビテーショナル」は21日(日本時間22日)、決勝が行われ、八村塁が所属するゴンザガ大が89-87でデューク大を破り、9年ぶりの優勝を飾った。八村は20得点、7リバウンド、5アシストを記録。獅子奮迅の働きを見せ、大会MVPに輝いた。快挙には「まさか僕たちにMVPがいたなんて知らなかったね」と驚きを隠せなかった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 八村の圧倒的な活躍でタレント軍団デューク大を撃破。特に決められれば同点だった最後のプレーでは、八村はU-19世界選手権MVPで、ドラフトの目玉候補と言われるR.J.バレットのアタックに対応し、ファウルを犯すことなく見事に防ぎ切った。歓喜に酔いしれる八村らゴンザガ大の選手たち。その中でも背番号21が果たした役割は際立っていた。

 米地元紙「スポークスマンレビュー」では試合をレポート。八村の活躍に脚光を浴びせている。

「ルイ・ハチムラは、デューク大が遅い戻りを見せた際に荒々しい攻撃に出ており、R.J.バレットという自身よりも小さなディフェンダーを相手にポジションを確立した」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集