[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、構成自在の“ぶっつけV”を伊メディア賛辞 「人智を超えた宇宙人」と表現

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は17日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が167.89点をマーク。合計278.42点で自身初のGPシリーズ連勝を飾った。当日の公式練習で転倒した際に右足首を痛め、試合後に松葉杖を突きながら前を向いて歩く“勇敢な後ろ姿”の画像に海外ファンの回復の祈りが広がっていたが、海外メディアは異次元の対応力について「人智を超えた宇宙人」と表現し、ぶっつけVを称えている。

自身初のGPシリーズ連勝を飾った羽生【写真:Getty Images】
自身初のGPシリーズ連勝を飾った羽生【写真:Getty Images】

構成大幅変更でぶっつけ圧勝、王者の対応力が称賛の的に

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は17日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が167.89点をマーク。合計278.42点で自身初のGPシリーズ連勝を飾った。当日の公式練習で転倒した際に右足首を痛め、試合後に松葉杖を突きながら前を向いて歩く“勇敢な後ろ姿”の画像に海外ファンの回復の祈りが広がっていたが、海外メディアは異次元の対応力について「人智を超えた宇宙人」と表現し、ぶっつけVを称えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 試合後は松葉杖で頼らなれればならないほど、右足首を痛めていた羽生。それでも、公衆の面前では下を向かずに勇敢な姿を見せて海外ファンの心を打っていたが、リンク上で見せた迫真の演技でも魅了した。

 イタリアスポーツ専門メディア「OAスポーツ」は公式練習で右足首を痛め、十分に練習ができなかったことを紹介した上で演技をレポート。「並外れて素晴らしい出来の4回転サルコウと4回転トーループでフリー『Orgin』は始まった」とまるで痛みがないかのように決めた冒頭の2本の4回転ジャンプを称賛した。

 評価の的になったのは“ぶっつけ本番”で演技構成を変えて挑んだことだ。「人智を超えた宇宙人ハニュウは自身の全経験を生かし、演技中のその場で構成を変化させた。4回転トーループの着地後の不確かさからオイラーを急遽挟み、そのおかげで3回転サルコウをコンビネーションに入れることができた」と異次元の対応力に賛辞を送っている。

 本来のパフォーマンスではなかったが、それでも圧勝を飾った羽生。「普段の彼と比べるともちろん、好パフォーマンスではなかったが、それにもかかわらずフリーでも1位を記録し、今試合も制覇した」と舌を巻いている。まさかの負傷は海外でもショックが広がっていたが、そんな状況でも優勝に向け、道筋を導き出せるのは、百戦錬磨の王者の経験があるからこそだった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集