[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織に敗戦のフェデラー、16年目、46試合目で初めて味わった屈辱とは?

男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」は11日(日本時間12日)、1次リーグ初戦で世界ランク9位・錦織圭(日清食品)が同3位ロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、6-3のストレートで撃破した。フェデラーは今大会16度目の出場。ラウンドロビン(1次リーグ)はこの日が46試合目だったが、なんとストレート負けは初めてだという。英紙が報じている。

錦織にストレート負けを喫したフェデラー【写真:Getty Images】
錦織にストレート負けを喫したフェデラー【写真:Getty Images】

16度目出場フェデラーがラウンドロビンでストレート負けは46試合目で初めて

 男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」は11日(日本時間12日)、1次リーグ初戦で世界ランク9位・錦織圭(日清食品)が同3位ロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、6-3のストレートで撃破した。フェデラーは今大会16度目の出場。ラウンドロビン(1次リーグ)はこの日が46試合目だったが、なんとストレート負けは初めてだという。英紙が報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 錦織のフェデラー戦、4年半ぶりの勝利はまさに記録的な白星だった。第1セットに片手バックハンドで決めた絶品のエースなど、粘り強いプレーで番狂わせを起こした。

 一方で初戦を落としたフェデラーだが、英紙「テレグラフ」によると、ラウンドロビンで1セットも取れずに敗れるのは通算46試合目で初めての完敗だったという。

 試合序盤からアンフォーストエラーを連発するなど、精彩を欠いたフェデラー。試合中には珍しく冷静さを欠く場面もあったが、グランドスラム通算20勝、今大会でツアー通算100勝目を狙う“王者”が次戦以降でどう巻き返してくるのか注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集