[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 16歳白岩優奈、ザギトワに次ぐ2位快演を海外称賛「我々を彼女の旅に連れて行った」

16歳白岩優奈、ザギトワに次ぐ2位快演を海外称賛「我々を彼女の旅に連れて行った」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は2日(日本時間3日)、女子ショートプログラム(SP)で白岩優奈(関大KFSC)が63.77点で2位発進。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)に次ぐ快演を見せた16歳のに“会心スマイル”が咲いた瞬間を国際スケート連盟(ISU)が画像付き公開し、海外メディアも「なんて遊び心のある、とても愉快なパフォーマンス」「我々を彼女の旅に連れて行った」と高く評価している。

白岩優奈【写真:Getty Images】
白岩優奈【写真:Getty Images】

海外メディア高評価「なんて遊び心のある、とても愉快なパフォーマンス」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は2日(日本時間3日)、女子ショートプログラム(SP)で白岩優奈(関大KFSC)が63.77点で2位発進。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)に次ぐ快演を見せた16歳のに“会心スマイル”が咲いた瞬間を国際スケート連盟(ISU)が画像付き公開し、海外メディアも「なんて遊び心のある、とても愉快なパフォーマンス」「我々を彼女の旅に連れて行った」と高く評価している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 深みのある青の衣装に身をまとい、軽やかに銀盤を舞った。白岩は冒頭の3回転の連続ジャンプを着氷。スピンで取りこぼしもあったが、自分らしさを忘れることなく、最後まで演じ切った。演技後は右手で控えめにガッツポーズ。それでも得点は63.77点でザギトワに次ぐ堂々の2位発進だ。両手を広げて決めポーズに笑顔が咲いた瞬間を切り取り、ISUフィギュアスケート公式インスタグラムは画像とともに結果をレポートしている。

 日本の次世代を担う16歳に対し、海外メディアも熱視線を注いだ。イタリアスポーツ専門メディア「OAスポーツ」は「2位につけたのは日本人フィギュアスケーターのユウナ・シライワ。透明感のあるパフォーマンスで3回転ルッツ、3回転トーループ、2回転アクセル、2回転ループのコンビネーションを見せた。プログラムはまだまだ洗練されるだろう」と評価している。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」ツイッターは「私たちはユウナ・シライワのショートプログラムをヘルシンキで見ることができた。なんて遊び心のある、とても愉快なパフォーマンスだろう。陰影のある音楽に乗せて我々を彼女の旅に連れて行った。とてもよくやった」と世界観を称賛した。

 GPシリーズの自己最高は昨季フランス杯の6位。かつての自分を超え、表彰台に登れるか。成長著しい16歳に期待が集まる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー