[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • NBAデビューの渡辺雄太、試合後に何を語ったのか? 「日本人でもこのレベルで…」

NBAデビューの渡辺雄太、試合後に何を語ったのか? 「日本人でもこのレベルで…」

米プロバスケットボールNBAのグリズリーズ・渡辺雄太は27日(日本時間28日)のサンズ戦で念願のNBAデビューを果たした。2004年にサンズでプレーした田臥勇太(現栃木)以来、日本人2人目の偉業を果たし、2得点、2リバウンドでチームの117-96勝利に貢献した。試合後には地元テレビ局のインタビューに登場。「日本人がこのレベルでプレーできると証明したかった」と胸に秘めた使命感を明らかにしている。

NBAデビューを果たした渡辺雄太【写真:Getty Images】
NBAデビューを果たした渡辺雄太【写真:Getty Images】

日本人2人目のNBAデビューに地元放送局も注目

 米プロバスケットボールNBAのグリズリーズ・渡辺雄太は27日(日本時間28日)のサンズ戦で念願のNBAデビューを果たした。2004年にサンズでプレーした田臥勇太(現栃木)以来、日本人2人目の偉業を果たし、2得点、2リバウンドでチームの117-96勝利に貢献した。試合後には地元テレビ局のインタビューに登場。「日本人がこのレベルでプレーできると証明したかった」と胸に秘めた使命感を明らかにしている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 第4クオーター残り4分31秒の時点で歴史的瞬間が訪れた。ウェイン・シェルドンと交代でNBA公式戦のコートに立った渡辺。田臥以来、14年ぶり2人目となる日本人NBAプレイヤーとなった24歳は華麗なスピンムーブで相手のファウルを誘発。フリースローを2度決めるなど、デビュー戦でインパクトを残した。

 試合後には地元テレビ局「FOXスポーツ・サウスウェスト」に登場。英語で喜びを爆発させている。一問一答は以下の通り。

――NBAレギュラーシーズン初体験でしたが、どういう気持ちでした?

「嘘をつくつもりはありませんが、今日は本当にナーバスでした。コーチが僕の名前を呼んだ時は本当にドキドキでした。でも、楽しめました。最高に楽しかったです」

――トレーニングキャンプではDリーグ(下部リーグ)のチームで練習していました。そこから状況はどう変わったのですか?

「素晴らしいトレーニングでした。お互い切磋琢磨して、みんな集中して、キャンプは本当にうまく行っていました。Dリーグの開幕も心待ちにしています」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー