[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 死闘の立役者 延長10回窮地救うレーザー送球に米ファン喝采「とんでもないロケット」

死闘の立役者 延長10回窮地救うレーザー送球に米ファン喝采「とんでもないロケット」

米大リーグのワールドシリーズ(WS)第3戦が26日(日本時間27日)ドジャースタジアムで行われ、WS史上最長となる延長18回、7時間20分の死闘の末、ドジャースが3-2でレッドソックスにサヨナラ勝ち。対戦成績を1勝2敗とした。敗れれば後がなくなっていたドジャースが執念を見せつけた格好だが、チームを救ったビッグプレーは延長10回だ。中堅手のコーディ・ベリンジャーがレーザービームを炸裂させ、三塁走者を間一髪で刺すシーンをMLBが動画で公開。ファンの喝采を浴びている。

レーザービームでチームを救ったコリン・ベリンジャー【写真:Getty Images】
レーザービームでチームを救ったコリン・ベリンジャー【写真:Getty Images】

ベリンジャーがレーザービームでチームの危機を救う

 米大リーグのワールドシリーズ(WS)第3戦が26日(日本時間27日)ドジャースタジアムで行われ、WS史上最長となる延長18回、7時間20分の死闘の末、ドジャースが3-2でレッドソックスにサヨナラ勝ち。対戦成績を1勝2敗とした。敗れれば後がなくなっていたドジャースが執念を見せつけた格好だが、チームを救ったビッグプレーは延長10回だ。中堅手のコーディ・ベリンジャーがレーザービームを炸裂させ、三塁走者を間一髪で刺すシーンをMLBが動画で公開。ファンの喝采を浴びている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 歴史的死闘の立役者はこの男かもしれない。延長10回表、1死一、三塁の場面。打席には代打のヌネス。3球目をはじき返した打球は中堅への飛球だ。犠飛には十分な打球かと思われたが、ベリンジャーは前進しながら捕球し、勢いをつけてノーバウンドで本塁へバズーカのような送球。タッチアップで本塁へ突入した三塁走者イアン・キンズラーを、間一髪で見事タッチアウトに仕留めてみせたのだ。

 勝ち越しを許さないビッグプレー。MLB公式インスタグラムは「ピンチ脱出。THEベリンジャー」とつづり、動画を公開。強肩ぶりでファンを興奮させている。

「グレイトなプレー!」
「とんでもないロケット」
「まごうことなきベリンジャーの爆弾」
「狂気」
「なんというプレー」
「キャノン」
「恐ろしい返球」
「すさまじいダブルプレー」
「返球がいいのではなく、キンズラーが遅過ぎる」
「美しい」

 ベリンジャーへの称賛の声が続々と上がっていた。タッチアップを許していれば、この回で終わっていたかもしれない。延長18回の死闘を制したドジャース。表のヒーローがサヨナラ弾のマンシーなら、陰のヒーローはベリンジャーだろう。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー