[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メドベージェワ、自己ワースト7位発進にも前向き「ミスや失敗に準備できている」

メドベージェワ、自己ワースト7位発進にも前向き「ミスや失敗に準備できている」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは26日(日本時間27日)、女子ショートプログラム(SP)を行い、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は60.83点で11人中7位と出遅れた。自身のキャリアワーストの成績を、「単純に集中力を失っていた」「今季はミスや失敗に(心の)準備ができている」などと振り返っている。ロシアメディアが報じている。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

11人中7位と出遅れた自身の演技についてコメント

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは26日(日本時間27日)、女子ショートプログラム(SP)を行い、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は60.83点で11人中7位と出遅れた。自身のキャリアワーストの成績を、「単純に集中力を失っていた」「今季はミスや失敗に(心の)準備ができている」などと振り返っている。ロシアメディアが報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 後半のコンビネーションジャンプでミスが出て伸び悩んだメドベージェワ。安定した成績を残し続けてきた“女王”の異変をロシアメディアも続々と報じている。

「新しい故郷での惨事。メドベージェワ、カナダで7位」と報じたのは「Newspaper.ru」だった。同メディアによると、メドベージェワは自身の演技についてこうコメントしている。

「練習とウオームアップではすべてが理想的で素晴らしかった。思うに私は単純に集中力を失っていた。自分自身に自信があるのがいつもいいとは限らない」

「正直言って、私はたぶん今シーズンはミスや失敗に(心の)準備さえできている。私にとってすべてが新しい。新しい体、新しい考え方、私は単純にそれらに慣れる必要がある。思うに練習でみんなわたしがどう成長していくか見るでしょう。明日(フリーでは)私は自分ができるすべてのことをやります。私は闘います」

 今季から拠点をカナダに移し、ブライアン・オーサーコーチの元で研鑽を積んでいるメドベージェワ。環境の変化が自身に与えた影響についても、何らかのものを感じているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー