[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「革命的戦術を発見か?」 インテルMFの“秘儀 寝そべる壁”に海外メディアも衝撃

「革命的戦術を発見か?」 インテルMFの“秘儀 寝そべる壁”に海外メディアも衝撃

海外サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ1次リーグ・バルセロナ(スペイン)―インテル(イタリア)戦で衝撃の“寝そべりブロック”が炸裂した。直接FKの守備でキッカーが蹴る瞬間、壁の横にいた選手がいきなり壁の後ろに寝そべり、グラウンダーを狙ったシュートをブロック。決定機を防いでみせた。衝撃的な“秘儀 寝そべる壁”を海外メディアが画像付きで公開し、さらに「革命的戦術を発見か?」など各国で続々報じられている。

クロアチア代表MFマルセロ・ブロゾヴィッチ【写真:Getty Images】
クロアチア代表MFマルセロ・ブロゾヴィッチ【写真:Getty Images】

バルサ戦のFKで演じた奇策が反響拡大「天才的なスライディングによるディフェンス」

 海外サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ1次リーグ・バルセロナ(スペイン)―インテル(イタリア)戦で衝撃の“寝そべりブロック”が炸裂した。直接FKの守備でキッカーが蹴る瞬間、壁の横にいた選手がいきなり壁の後ろに寝そべり、グラウンダーを狙ったシュートをブロック。決定機を防いでみせた。衝撃的な“秘儀 寝そべる壁”を海外メディアが画像付きで公開し、さらに「革命的戦術を発見か?」など各国で続々報じられている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 欧州CLの舞台で生まれた衝撃のシーンが世界に反響を広げている。インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾヴィッチだった。

 1-0とバルセロナがリードして迎えた後半20分。インテルはエリアのわずかに外、ゴール前中央20メートルの位置でFKのチャンスを献上した。これ以上は絶対に点はやれない。キッカーはウルグアイ代表FWスアレス。壁は5人がズラリと並んでいるが、1人だけ壁の外にやや外れ、中途半端な位置にいる“6人目の壁”が……。そうこうしているうちに主審の笛が鳴った次の瞬間だった。

 スアレスが助走を始め、シュートモーションに入ったと同時に“6人目の壁”はスライディングするように足から滑り込むと、高く跳び上がった壁の後ろに寝そべった。半身になったその姿はさながら日曜日のお父さん。しかし、信じられないことにグラウンダーで壁の下を狙ったスアレスのシュートがお尻を直撃。そのまま枠を外れ、絶体絶命のピンチを脱出することに成功したのだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー