[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 桐生まさかの失格! DL上海、ケンブリッジが10秒19で4着、日本人初9秒台持ち越し

桐生まさかの失格! DL上海、ケンブリッジが10秒19で4着、日本人初9秒台持ち越し

陸上のダイヤモンドリーグ上海大会は13日、日本勢3人が出場した男子100メートルでケンブリッジが10秒19(追い風0.1メートル)で最上位の4着。サニブラウンは10秒22で5着。桐生祥秀はフライングで失格となった。

男子100M、失格2人の乱戦…桐生は2回目でフライング、サニブラウンは5着

 陸上のダイヤモンドリーグ上海大会は13日、日本勢3人が出場した男子100メートルでケンブリッジ飛鳥が10秒19(追い風0.1メートル)で最上位の4着。サニブラウン・ハキームは10秒22で5着。桐生祥秀はフライングで失格となった。優勝は10秒09のス・ビンチャン(中国)だった。

 日本の3選手以外6人が自己ベスト9秒台というハイレベルなメンバーで行われたレース。まさかの展開が待っていた。第8レーンの選手のフライングで仕切り直しで2度目の号砲、桐生のスタートがわずかに速くフライングとなった。不満そうな顔を浮かべながら退いた。

 これにより、2度にわたって集中力の持続を求められ、さらに第9レーンのケンブリッジは第7、8レーンが不在となり、隣の選手が不在という難しい条件に。サニブラウンとともに挑んだ10秒切りは、またしても叶わなかった。

 日本男子陸上界では、伊東浩司が98年に10秒00をマーク。以来、朝原宣治(10秒02)、末続慎吾、山縣亮太(10秒03)ら、幾多の名スプリンターが10秒の壁に跳ね返されてきた。悲願は持ち越しとなった。

【男子100メートル日本歴代10傑】

<1>10秒00 伊東浩司(富士通)98年 +1.9

<2>10秒01 桐生祥秀(洛南高)13年 +0.9

<2>10秒01 桐生祥秀(東洋大)16年 +1.8

<4>10秒02 朝原宣治(大阪ガス)01年 +2.0

<5>10秒03 末続慎吾(ミズノ)03年 +1.8

<5>10秒03 山縣亮太(セイコーHD)16年 +0.5

<7>10秒04 桐生祥秀(東洋大)17年 +1.4

<7>10秒04 桐生祥秀(東洋大)17年 -0.3

<9>10秒05 朝原宣治(大阪ガス)02年 +1.4

<9>10秒05 桐生祥秀(東洋大)14年 +1.6

<9>10秒05 山縣亮太(セイコーHD)16年 +0.2

【注】所属は当時。+は追い風、-は向かい風

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー