[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ村田諒太は敗れたのか 完敗の裏にあった3つの誤算とは?「相手の方が上だった」

ブラントは描いたプラン通りの展開に持ち込んだ

 そして第3の誤算。ブラントの完璧なまでの王者対策だった。村田も足を使いプレッシャーをかけることには成功したが、そこからのパンチがなかなか当たらない。逆にブラントに執拗なまでに左のショートを重ねられた。「右をしっかり見切って、左右に動いて、打ち終わりをジャブ突いてという感じ。コントロールされたな、よく研究されたなという印象です」と認めるしかなかった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ブラントは2か月前からラスベガス入りし村田対策を積んできた。元世界王者のエディ・ムスタファ・ムハマド氏には4か月前から師事。村田のことをよく知る、ライトヘビー級の元王者に細かい指示を受けてきた。戦前、ライター・杉浦大介氏による電話取材で、こう話していたという。

 村田にとって過去唯一の敗戦だった2017年5月のアッサン・エンダム(フランス)戦を振り返り、「あの一戦の中でムラタ攻略の青写真が示されたとも感じています。こちらがよりアクティブに動き、手数を出せば、ムラタのパンチは出なくなる。展開次第で動きが減ることがムラタの弱点ですね」と自信をのぞかせていたのだ。エンダムとブラントではタイプこそ違うが、ハンドスピードで村田を上回ることは共通している。まさに狙い通りの展開に持ち込んだわけだ。

 村田は完敗を素直に認め、「非常にいいコンディションでできてましたし、練習自体も100%やってきたんで、追い込みもしっかりやってきた。今までで一番いい追い込みができたと思ってますし、その過程においては何の後悔もない」と言い訳はしなかった。 

 村田にとってもゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)とのビッグマッチなど、大きな展望が開ける一戦だったが、ほぼ無名に近い存在だったブラントにとっても、今回のタイトルマッチはボクサー人生最大のチャンスととらえていた。共に最善の準備をしたことは間違いないが、ほんの少しだけ、勝利への執念が上回ったのはブラントだったのかもしれない。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集