[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、対戦決定ロドリゲスとリング上で“速攻対面”「戦えること凄くワクワク」

井上尚弥、対戦決定ロドリゲスとリング上で“速攻対面”「戦えること凄くワクワク」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント1回戦は20日(日本時間21日)、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が同級3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に2-1で判定勝ち。IBF王座防衛に成功し、WBSS準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)と激突することが決まった。通算19戦19勝とし、井上とは“無敗対決”になる。

ロドリゲスと次戦で対戦する井上尚弥【写真:Getty Images】
ロドリゲスと次戦で対戦する井上尚弥【写真:Getty Images】

ロドリゲス判定勝ち後、リングに上がりインタビューに対応「おめでとうと言いたい」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント1回戦は20日(日本時間21日)、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が同級3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に2-1で判定勝ち。IBF王座防衛に成功し、WBSS準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)と激突することが決まった。通算19戦19勝とし、井上とは“無敗対決”になる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 モンスターの対戦相手が決まった。プエルトリコのIBF王者ロドリゲスだ。井上が見守る一戦。戦前はロドリゲスの圧倒的優位と目されていたが、王者は苦戦した。後半は手数が減り、防戦になる場面も。判定も2-1の辛勝となった。試合後、井上はリングに上がり、次なるターゲットと対面した。

 ロドリゲスに続き、マイクを向けられた井上は「今日の勝利をおめでとうと言いたい」と第一声。1回戦後にロドリゲスとの対戦を待望していたが、それについて「実際にロドリゲスが勝ち上がってきて、準決で戦えること、凄くワクワクしています」と語り、がっちりと握手を交わした。

 井上は7日に行われたWBSS1回戦で難敵フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に衝撃の1回70秒KO勝ち。ひと足先に決め、勝った方と対戦するこの試合も現地を訪れて視察していた。大本命の井上に次ぐV候補に挙がるロドリゲス。ともに無敗の対決となる。来春に予定されるセミファイナルは事実上の決勝と目され、大注目の対決となりそうだ。

 WBSSのプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏はパヤノ戦後に「THE ANSWER」のインタビューで「まだ100%確実ではないですが、西海岸になるでしょう。ラスベガスが候補です。おそらく、ベガスかロサンゼルスになるのでは」と準決勝の舞台について語っており、ボクシングの本場ラスベガス上陸の可能性も持ち上がっている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー