[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 名門エール大チェンが40点差V “文武両道”貫徹に意欲「完璧を目指して努力する」

名門エール大チェンが40点差V “文武両道”貫徹に意欲「完璧を目指して努力する」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは20日(日本時間21日)、男子フリーでショートプログラム(SP)首位のネイサン・チェン(米国)が189.99点をマークし、合計280.57点で優勝。今季から名門エール大に進学した文武両道の世界王者は「完璧を目指して努力する」と語っている。米記者が伝えている。

ネイサン・チェン【写真:Getty Images】
ネイサン・チェン【写真:Getty Images】

今季からエール大進学のチェンがGP第1戦スケートアメリカ圧勝

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは20日(日本時間21日)、男子フリーでショートプログラム(SP)首位のネイサン・チェン(米国)が189.99点をマークし、合計280.57点で優勝。今季から名門エール大に進学した文武両道の世界王者は「完璧を目指して努力する」と語っている。米記者が伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 文武両道を貫く19歳が、貫禄の演技でGPシリーズをV発進だ。髪形を後ろに流し、“オールバック風ヘア”で凛々しく決めたチェン。得意のジャンプが安定しており、大きなミスなく演じ切ると、地元の会場から大きな拍手が降り注いだ。2位のミハル・ブレジナ(チェコ)に40点以上の差をつける圧勝。昨季の世界選手権王者が堂々の存在感を発揮した。

 今季から名門エール大に進学。スケートとの二足の草鞋を履いているが、米国のジャッキー・ウォン記者は試合後に「もちろん完璧を目指して努力したいと思うけど、それは結局、自分にはできることだ。スケートと学校を両立させるには――両方やらなきゃいけないということは、時には両方とも完璧といかないこともあるだろう」とチェンが語ったとツイートしている。

 環境も変わり、心機一転で挑んだシーズンを好発進したチェン。さらなる躍進の予感が漂っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー