[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥のライバルは誰!? 英誌が残るWBSS3試合を徹底分析「接戦必至の状況だ」

井上尚弥のライバルは誰!? 英誌が残るWBSS3試合を徹底分析「接戦必至の状況だ」

ボクシングWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級1回戦で元WBAスーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をわずか70秒で沈めた。バンタム級統一へ一歩前進した「The Monster」だが、その他の選手たちも続々と初戦を迎える。井上のライバルは一体誰になるのか――。英ボクシング専門誌「ボクシングマンスリー」がその他の3試合をプレビューしている。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

英専門誌がWBSSバンタム級の残り3試合をプレビュー

 ボクシングWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級1回戦で元WBAスーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をわずか70秒で沈めた。バンタム級統一へ一歩前進した「The Monster」だが、その他の選手たちも続々と初戦を迎える。井上のライバルは一体誰になるのか――。英ボクシング専門誌「ボクシングマンスリー」が3試合をプレビューしている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広、秋本真吾(GROWINGへ)

 同誌は「WBSSプレビュー:バンタム級マッチ」と見出しを打ち、他の3試合を特集。「WBSSのセカンドシーズンは先週末、“ザ・モンスター”ナオヤ・イノウエが超満員の観衆となったヨコハマでフアン・カルロス・パヤノをノックアウトする一戦で幕開け」と記し、「優勝候補のイノウエが破壊力を見せつけたが、3人の世界王者による準決勝をかけた残り3試合は、接戦必至の状況だ」とプレビューを展開している。

 まずは現地時間13日にロシア・エカテリンブルクで行われる“11秒KO男”WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)と4戦全勝のアマエリート、ミーシャ・アロイヤン(ロシア)のタイトルマッチだ。

「ともにサウスポーゆえ、型にはまった試合ではなく、前半からアロイヤンがリズムに乗ったベストパフォーマンスで王者を慌てさせるような見応えある展開になるだろう。後半はテテが持ち直し、強力なリーチとパワーで追い込み、第8ラウンドあたりで決着がつくことになるだろう」とテテの勝利を予想している。

 続いて米オーランドで現地時間20日に行われるIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と同級3位ジェイソン・モロニー(オーストラリア)の全勝対決だ。

「机上では互角の勝負となるが、私はロドリゲスをこの大会のダークホースとして推している。試合会場がオーランドということもあり、プエルトリコ出身のロドリゲスには観客の後押しもあるだろう。私の予想ではロドリゲスが中盤あたりでモロニーを止め、勝利する」

 井上の最大のライバルとも目されているロドリゲスが勝ち上がり、準決勝で井上との対戦を予想している。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー