[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、権威ある米専門誌の表紙に登場 「稀に見る激戦の新人王レースを制する」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手はシーズン終了後に右ひじのトミー・ジョン手術を受け、2020年の二刀流復帰を目指しリハビリを行っている。米国の権威ある野球専門誌「ベースボール・アメリカ」は最新号で大谷を特集。雑誌の表紙を飾ることが明らかになった。公式ツイッターが実際の表紙の写真を公開している。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

米専門誌「ベースボール・アメリカ」が大谷表紙の画像を公開

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手はシーズン終了後に右ひじのトミー・ジョン手術を受け、2020年の二刀流復帰を目指しリハビリを行っている。米国の権威ある野球専門誌「ベースボール・アメリカ」は最新号で大谷を特集。雑誌の表紙を飾ることが明らかになった。公式ツイッターが実際の表紙の写真を公開している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ベースボールアメリカ誌の表紙を飾るのはスター選手の証明。MLBファンのバイブルともいえる同誌は、表紙で大谷の上半身アップの写真を掲載し特集している。

 ツイッターでは「先週、ベースボール・アメリカではショウヘイ・オオタニを2018年の新人王に選出。彼は最新号の表紙にも登場」として告知。さらに表紙の画像を見ると、「2つの脅威 ショウヘイ・オオタニ、予測不可能なシーズンで稀に見る激戦の新人王レースを制する」と題し、新人王の行方に迫っているようだ。

 大谷は今季、104試合に出場し、打率.285、22本塁打61打点の好成績を残し、投手としては右ひじ痛のため、10試合の登板にとどまったが4勝2敗、防御率3.31と二刀流で十分なインパクトを残した。

 新人王の行方は、ヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレス両内野手による三つ巴の争いと見られているが、同誌はメジャー1年目で衝撃を与えた大谷を新人王に選出している。

 同誌は以前、公式サイトで「なんとも爽快なルーキーシーズンで、オオタニは前評判通りの活躍をしてみせた。彼はエースの様な投球と、オールスター級の打撃を披露し、今日の球界におけるスタンダードをリセットしてみせた」と最大限の評価を下していた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集