[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、次戦が正念場!? IBF王者との統一戦濃厚で「真価見せつける必要ある」

井上尚弥、次戦が正念場!? IBF王者との統一戦濃厚で「真価見せつける必要ある」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の1回70秒でマットに沈めた。早くも注目は次戦の対戦相手だ。10月20日に米フロリダ州オーランドで行われる、18戦全勝のIBF王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と同級3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)の勝者と激突する。米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」が次戦の相手を特集している。

井上尚弥の次戦の対戦相手に米メディアは早くも注目【写真:荒川祐史】
井上尚弥の次戦の対戦相手に米メディアは早くも注目【写真:荒川祐史】

米メディアが準決勝の相手に注目

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を衝撃の1回70秒でマットに沈めた。早くも注目は次戦の対戦相手だ。10月20日に米フロリダ州オーランドで行われる、18戦全勝のIBF王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と同級3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)の勝者と激突する。米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」が次戦の相手を特集している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広、秋本真吾(GROWINGへ)

 世界を驚愕させた「The Monster」の70秒秒殺KO。次の注目は来年3月に予定される準決勝の相手だ。「ボクシングニュース24」は「ナオヤ・イノウエは10月20日に行われるエマヌエル・ロドリゲス―ジェイソン・モロニー戦の勝者と対戦へ」と題して特集を展開している。

「イノウエは不幸なパヤノを2発のパンチでノックアウトした。わずか2発、どちらも決して破壊的な一打とは言い難いものであった。パヤノはイノウエのパンチについていくことができず、反応する前にパンチをもらうことになった。イノウエのパンチが猛烈なスピードでなかったということもあり、これはパヤノの衰えを実感させるサインであった。パヤノはパンチを受ける用意ができていなかった。試合は開始70秒で決した」

 記事ではまず、井上の衝撃的なKOシーンを振り返っている。あまりに速すぎる決着だったため、同メディアは「パヤノを下すことになったが、イノウエにとってはテストにもならない一戦であった」と強調。次戦こそ「自身の真価を見せつける必要がある」としている。

 井上に次ぐ今大会のV候補に挙がるロドリゲス。圧倒的優位が予想されるマロニーとの1回戦を突破し、準決勝では井上との頂上決戦が実現することを見越し、記事ではこう言及している。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー