[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【バスケ】オールスター軍団・福岡が11度目V 直前練習わずか3度でも機能したワケ

【バスケ】オールスター軍団・福岡が11度目V 直前練習わずか3度でも機能したワケ

「福井しあわせ元気国体2018」バスケットボール競技少年男子は5日、決勝を行い、福岡県が愛知県を101-76で下し、4年ぶり11度目の優勝を果たした。「高校オールスター」とも呼べる好プレーヤーたちが、チームの垣根を越えて融合した。

4年ぶり11度目の優勝を果たした福岡県【写真:青木美帆 】
4年ぶり11度目の優勝を果たした福岡県【写真:青木美帆 】

国体バスケ少年男子決勝、最強軍団・福岡が頂点に

「福井しあわせ元気国体2018」バスケットボール競技少年男子は5日、決勝を行い、福岡県が愛知県を101-76で下し、4年ぶり11度目の優勝を果たした。「高校オールスター」とも呼べる好プレーヤーたちが、チームの垣根を越えて融合した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

圧巻の戦いぶりだった。

インターハイ準Vの中部第一高を主体に、高校年代屈指のシューター富永啓生を加えた愛知県は、全国トップレベルの実力者。そんなチームを相手にしてもなお、福岡県は第1ピリオドから34-9と突き放した。結局そのまま、最終スコアは101-76。最初の10分間ですべての片がついてしまった、そんな印象の試合だった。

福岡県は福岡第一高と福岡大学附属大濠高の混成チームだ。スターティングメンバーは福岡第一の松崎裕樹、河村勇輝、クベマ・ジョセフ・スティーブと、福岡大大濠の中田嵩基、浅井修伍。スタメン中4人がU18日本代表で、ベンチにはさらに横地聖真(U18日本代表)、土家大輝や木林優(U18日本代表候補)らが控える。高校オールスターと言っても過言ではない彼らに、井手口孝監督は「絶対勝たないといけない大会」と口酸っぱく言い続け、見事にそれを成し遂げた形だ。

8月のインターハイ後から大会まで2か月足らず。選抜メンバーで戦う都道府県チームにとって、国体はチーム作りという観点で非常に難しい大会だ。今大会でも「選手がうまくフィットしなかった」と漏らす指揮官が多々いた中で、福岡のチームワークは出色のものだった。スティーブがリバウンドを取り、中田がつなぎ、河村や松崎が速攻を決める。河村のキックアウトから中田や浅井がアウトサイドシュートを沈める…。最初から1つのチームであったかのように、選手1人ひとりの役割がピタリとはまっていた。

さぞ練習を積んできたのだろうと思いきや、なんと大会直前にわずか3回行ったのみ。ただ、練習試合は10回以上実施したという。福岡の成年男子チームや大学チームと手合わせする中で、徐々にチームのスタイルを作っていった形だ。井手口監督はチーム作りの過程を、こう振り返る。

「メンバー的にはどうやっても勝てると思っていましたが、その中でどうやって“いいバスケット”をさせるかが難しかったです。セットプレーなどの約束ごとを作らず、彼らの力を引き出すことに重点を置いてやってきました」

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー