[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 何度見ても凄い! 大谷の全アーチ動画に米感動「日本と日本の人々に大きな感謝を」

何度見ても凄い! 大谷の全アーチ動画に米感動「日本と日本の人々に大きな感謝を」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は激動のルーキーイヤーを終えた。二刀流で大きなインパクトを残したが、右肘を痛め後半戦は打者に専念。日本人ルーキー最多となる22本塁打を放ち、打者としても米国を熱狂させた。新人王争いでも本命と目されている怪物のホームランショーをMLBが公式YouTubeで公開。全22発のハイライト動画には、現地ファンから改めて称賛の声が上がっている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷の全22本塁打をMLBが公式YouTubeで公開、反響を呼ぶ

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は激動のルーキーイヤーを終えた。二刀流で大きなインパクトを残したが、右肘を痛め後半戦は打者に専念。日本人ルーキー最多となる22本塁打を放ち、打者としても米国を熱狂させた。新人王争いでも本命と目されている怪物のホームランショーをMLBが公式YouTubeで公開。全22発のハイライト動画には、現地ファンから改めて称賛の声が上がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 まず記念すべき移籍後初アーチは4月3日(同4日)の本拠地インディアンス戦。ホームデビュー戦の第1打席で右腕・トムリンから右中間へ圧巻の一撃を放った。すっかりおなじみとなった現地実況の「ビッグフライ!オオタニサン!」のフレーズは一発目から使われていた。

 ダイヤモンドを一周した後のベンチではチームメートから無視される、メジャー流の祝福“サイレントトリートメント”も味わった。やはり印象深い一発だろう。続く4日(同5日)の同戦ではサイ・ヤング賞右腕のコーリー・クルーバーから一発を放つなど、圧巻の3試合連発をマーク。このころには現地メディアでも大騒ぎになっていった。

 8月18日(同19日)のレンジャーズ戦での一撃も圧巻だった。7回に代打で出場。バックスクリーンに13号3ランを叩き込んだ。左ひざを大きく折り曲げながらスタンドまで運ぶ驚異のパワーと、画になるフォロースルーの美しさが現地でも大きな称賛を集めた。

 8月25日(同26日)のアストロズ戦では、2011年サイ・ヤング賞右腕のジャスティン・バーランダーから第2打席に14号2ランをバックスクリーンへ運んだ。初対戦では4打数無安打3三振と完璧に封じられていた大谷だが、きっちりとリベンジを果たした格好だ。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー