[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生祥秀、今季自己最速タイ10秒04でVも9秒台ならず 向かい風0.3mで大台届かず

陸上の織田記念(エディオンスタジアム広島)は29日、男子100メートル決勝で桐生祥秀(東洋大)が今季自己最速タイとなる10秒04(向かい風0.3メートル)で優勝を飾ったが、高速トラックで期待された9秒台はならず、日本人初の快挙はお預けとなった。

日本人初の快挙はお預けも…「着実に力はつけている」

 陸上の織田記念(エディオンスタジアム広島)は29日、男子100メートル決勝で桐生祥秀(東洋大)が今季自己最速タイとなる10秒04(向かい風0.3メートル)で優勝を飾ったが、高速トラックで期待された9秒台はならず、日本人初の快挙はお預けとなった。

 3月の今季初戦(豪州・キャンベラ)は10秒04、国内初戦となった23日の出雲陸上では向かい風0.5メートルながら10秒08をマーク。今大会は予選10秒16の全体1位で決勝に駒を進めていた。

 高3で日本歴代2位の10秒01をマークした織田記念。前日会見では「この大会があったから陸上人生が変わった。同じ4月29日に出してから4年、ずっと出せていないので、ここで自己ベストを出したい」と9秒台に意欲を見せていた。

 迎えた決勝ではその目標に届かず、「9秒台出したかった。3回0台が出ている。着実に力はつけている。また応援お願いします」と桐生。伊東浩司が98年に10秒00を出してから19年間破ることのできなかった夢の9秒台へ、桐生の挑戦は続く。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集