[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 西岡良仁、“予選からV”の大金星を海外続々絶賛「今後何を成し遂げるかに注目」

西岡良仁、“予選からV”の大金星を海外続々絶賛「今後何を成し遂げるかに注目」

男子テニスの深センオープン(中国)最終日は30日、予選から勝ち上がった世界ランキング171位の西岡良仁(ミキハウス)が同67位のピエールユーグ・エルベールを7-5、2-6、6-4で破り、ツアー初制覇を果たした。日本男子では松岡修造、錦織圭、杉田祐一、ダニエル太郎に続く史上5人目の快挙を、海外メディアも続々と称賛している。

西岡良仁【写真:Getty Images】
西岡良仁【写真:Getty Images】

日本人5人目のツアー制覇、西岡の大金星を海外メディアも続々報道

 男子テニスの深センオープン(中国)最終日は30日、予選から勝ち上がった世界ランキング171位の西岡良仁(ミキハウス)が同67位のピエールユーグ・エルベールを7-5、2-6、6-4で破り、ツアー初制覇を果たした。日本男子では松岡修造、錦織圭、杉田祐一、ダニエル太郎に続く史上5人目の快挙を、海外メディアも続々と称賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大けがを乗り越えた23歳のサウスポーが、日本テニス史に残る快挙をやってのけた。予選から7連勝で頂点に駆け上がった。米放送局「ESPN」電子版は「深センオープン:ヨシヒト・ニシオカがピエールユーグ・エルベールを破ってキャリア初タイトルを獲得」と題してレポートしている。

「23歳のニシオカは予選から中国での大会に出場したが、初のATPツアー決勝進出に向けてシード枠のデニス・シャポバロフとフェルナンド・ベルダスコを下した。彼は予選から出場し、ATPツアーの大会で勝利を挙げた6番目の選手となった」

 記事によると、ATPツアーで予選からの出場で優勝したのは今季6人目。大番狂わせを演じたことになる。

 また西岡が2017年3月にマイアミオープンで左膝前十字靭帯断裂の大けがを負ったことにも言及。試合後のコメントも伝えている。

「今まで以上に良いレベルに達している。私にとってはビックリする事ではないが、ここにいられる事を凄くラッキーだと思う」と喜びを爆発させている。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー