[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西岡良仁に敗戦 34歳名手の“ボールボーイ叱責”に波紋「不快」「SNSで批難殺到」

男子テニスの深センオープンは29日、シングルス準決勝で予選から勝ち上がった世界ランク171位・西岡良仁(ミキハウス)が同28位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に1-6、6-3、7-6で逆転勝ち。初のツアー決勝進出を果たした。一方で敗れたベルダスコは試合中にイライラが募り、ボールボーイに“八つ当たり”するシーンを演じ、海外メディアがその模様を画像付きで公開。英メディアは「少年を怒鳴りつけた」「SNSでは批難殺到」と報じ、波紋を呼んでいる。

世界ランク28位のフェルナンド・ベルダスコ【写真:Getty Images】
世界ランク28位のフェルナンド・ベルダスコ【写真:Getty Images】

ベルダスコがタオルを要求したボールボーイに対して怒鳴る

 男子テニスの深センオープンは29日、シングルス準決勝で予選から勝ち上がった世界ランク171位・西岡良仁(ミキハウス)が同28位のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に1-6、6-3、7-6で逆転勝ち。初のツアー決勝進出を果たした。一方で敗れたベルダスコは試合中にイライラが募り、ボールボーイに“八つ当たり”するシーンを演じ、海外メディアがその模様を画像付きで公開。英メディアは「少年を怒鳴りつけた」「SNSでは批難殺到」と報じ、波紋を呼んでいる。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 フラストレーションがピークに達した。第1セットは6-1でモノにしたベルダスコ。しかし、続く第2セットは劣勢を強いられた。2-4で迎えた第7ゲームのことだった。

 ボールボーイにタオルを持ってくるように要求した。しかし、ボールボーイの反応が遅れた。これにベルダスコは苛立ったようだ。両手をくるくると回し、早くしてくれというようなジェスチャーを見せた。ボールボーイが慌ててタオルを持って駆け寄ったが、さらに身振り手振りで何やら大声で言葉をかけ、苛立った素振りを続けた。

 もちろん、反応が遅れたボールボーイにも落ち度はあるが、34歳のベテランであり、元世界ランク7位のトップ選手の行動としては褒められるものではない。豪州版ヤフー公式ツイッターはベルダスコがボールボーイに詰め寄るシーンの実際の様子を画像付きで公開。英紙「ザ・サン」も特集している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集