[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大迫勇也も仰天!? 衝撃の“スローインOG”献上GKにドイツ騒然「メガ級のへま」

大迫勇也も仰天!? 衝撃の“スローインOG”献上GKにドイツ騒然「メガ級のへま」

海外サッカーのドイツ1部ブンデスリーガでDFからのスローインに反応できず、GKがトラップミスしたボールがそのままゴールに吸い込まれるという珍事が発生。日本代表FW大迫勇也も出場した試合で起きた“衝撃のオウンゴール”の一部始終を海外メディアが公開すると、地元メディアも「なんたるやらかし」「熟睡中」「メガ級のへま」「年間オウンゴール大賞」と唖然としている。

ロンロベルト・ツィーラー【写真:Getty Images】
ロンロベルト・ツィーラー【写真:Getty Images】

ドイツ代表GKツィーラーがスローインに反応できず「熟睡中」「なんたるやらかし」

 海外サッカーのドイツ1部ブンデスリーガでDFからのスローインに反応できず、GKがトラップミスしたボールがそのままゴールに吸い込まれるという珍事が発生。日本代表FW大迫勇也も出場した試合で起きた“衝撃のオウンゴール”の一部始終を海外メディアが公開すると、地元メディアも「なんたるやらかし」「熟睡中」「メガ級のへま」「年間オウンゴール大賞」と唖然としている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広、秋本真吾(GROWINGへ)

 なぜ、こんなことが起きてしまったのか。“衝撃のオウンゴール”が誕生したのは、29日のブレーメン―シュツットガルトの一戦だった。

 シュツットガルトは1-0とリードして迎えた後半23分。自陣深い位置からDFボルナ・ソサがスローインに立った。前線へ投げ込もうと、体を向ける。しかし、コースを遮られており、くるっと向きを後ろに変え、すぐさまGKロンロベルト・ツィーラーに向かって放り込んだ。しかし、直後にソサの表情は一変した。

 なんとGKツィーラーはプレーを見ておらず、ソックスを直すようなそぶりを見せていたのだ。近づいてきたボールに慌てて足を伸ばすツィーラー。周りに選手はおらず、十分にトラップできる状況だったが、予期せぬタイミングに焦ったのか、わずかに右足をかすめただけで止められなかったのだ。

 慌てて追いかけるツィーラー。しかし、飛び込んだ背番号1の先に無情にもボールはゴールネットに吸い込まれていった。まさかのオウンゴール。ブレーメンのイレブンは歓喜に沸き、シュツットガルトはソサも監督も呆然とした表情。痛恨のミスを犯したツィーラーも頭を抱え、バツが悪そうだった。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー