[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、そっちに落ちたのか… 右翼手の“捕球ミスV弾”に米騒然「これも野球の一部」

なぜ、そっちに落ちたのか… 右翼手の“捕球ミスV弾”に米騒然「これも野球の一部」

米大リーグでフェンス際の大飛球に飛びついた右翼手が捕球ミスし、こぼれた打球がフェンス上をおよそ30センチ転がり、そのままフェンスオーバー。これが、決勝ホームランとなる悲劇が発生した。まさかの一部始終をMLBが動画付きで公開すると、米ファンは「何てこったい」「これも野球の一部だ」「ボール:『僕はホームランになりたかった』」など騒然となっている。

タイガースのニック・カステラノス【写真:Getty Images】
タイガースのニック・カステラノス【写真:Getty Images】

タイガース右翼手が大飛球を捕球ミス、そのままV弾に…

 米大リーグでフェンス際の大飛球に飛びついた右翼手が捕球ミスし、こぼれた打球がフェンス上をおよそ30センチ転がり、そのままフェンスオーバー。これが、決勝ホームランとなる悲劇が発生した。まさかの一部始終をMLBが動画付きで公開すると、米ファンは「何てこったい」「これも野球の一部だ」「ボール:『僕はホームランになりたかった』」など騒然となっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 悲劇の捕球ミスを演じてしまったのは、タイガースのニック・カステラノス外野手だ。28日(日本時間29日)のブルワーズ戦、試合は5-5と同点と接戦のまま、8回を迎えていた。その先頭、ブルワーズのブラウンの場面だった。

 4番手アルカンタラの速球をブラウンが右翼へ大飛球を打ち上げた。一発を予感し、一気に盛り上がるスタジアム。これに反応したのが、カステラノスだ。背走しながら打球を追った。しかし、打球はフェンス際で落ちてくる。ライトフライか――。ジャンプしながら左手のグラブにボールが収まる。しかし、次の瞬間だった。

 ボールを完全捕球し損ね、グラブからこぼれた。フェンス上をコロコロと白球が転がる。そして、そのままフェンスを越え、向こう側に消えてしまった。記録はホームラン。地元のブルワーズファンは地鳴りのような大歓声を上げ、ボールを捕球し損ねたカステラノスは悔しげに太ももを叩き、感情を露わにしていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー