[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワ、今季初戦で圧巻のSP世界新 その裏に驚きの成長「五輪から5cm伸びたの」

フィギュアスケート平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワがネーベルホルン杯(ドイツ)で今季初戦を迎えた。27日に行われたショートプログラム(SP)でザギトワは冒頭で3回転ルッツ-3回転ループの連続ジャンプを決めるなど白の衣装で「オペラ座の怪人」を見事に演じ79.93点で首位に立った。ジュニアグランプリシリーズ第3戦で同門のアレクサンドラ・トルソワがマークした74.74点を更新し、今シーズンからの新ルールでの世界最高得点となった。日本の三原舞依(シスメックス)は70.94点で3位。本田真凜(JAL)は56.66点で7位。好発進を決めた16歳の女王はロシアメディアのインタビューで、驚きの成長を明かしている。

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

SPで圧巻の世界新発進、ロシアメディアのインタビューで演技振り返る

 フィギュアスケート平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)がネーベルホルン杯(ドイツ)で今季初戦を迎えた。27日に行われたショートプログラム(SP)でザギトワは冒頭で3回転ルッツ-3回転ループの連続ジャンプを決めるなど白の衣装で「オペラ座の怪人」を見事に演じ、79.93点で首位に立った。ジュニアグランプリ(GP)シリーズ第3戦で同門のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がマークした74.74点を更新し、今シーズンからの新ルールでの世界最高得点となった。日本の三原舞依(シスメックス)は70.94点で3位。本田真凜(JAL)は56.66点で7位。好発進を決めた16歳の女王はロシアメディアのインタビューで、驚きの成長を明かしている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 注目の今季初戦。少し大人びたザギトワがまた異次元の演技を見せた。冒頭の高難易度の連続3回転を決めると、新プログラム「オペラ座の怪人」を見事に演じ、ミスなく優雅に舞った。演技後にロシアメディア「sports.ru」のインタビューで、今季初戦を振り返っている。

「私は滑走の前、とても神経質になりました。でもシーズン最初の演技としては順調に滑れました。私は試合が恋しかったです、なぜなら普段の生活では(試合での)アドレナリンは得られないから。試合ではそれが全部押し寄せてくるので、私はすぐに楽な気持ちになれます」

 初戦を待ちきれなかった様子をこう語っている。女王として、注目される中での2018-19シーズン初戦で、「私は今シーズン、プログラム、スタイルがすべて新しいのでそれらに慣れる必要がありました」と言い、新しいプログラムについては「完全に別のスタイルです」と強調している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集