[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、バインコーチは“燃え尽きなし”の準V労う「ポジティブな面しかない」

大坂なおみ、バインコーチは“燃え尽きなし”の準V労う「ポジティブな面しかない」

テニスの「東レ パンパシフィックオープン」は23日、シングルス決勝が行われ、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)が同8位で第4シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)に4-6、4-6で敗れ、凱旋Vはならず。全米オープンから続く連勝も10で止まった。サーシャ・バインコーチは“燃え尽きなし”で決勝まで辿り着いた大坂に対し、「成し遂げたことを誇りに思う」と労った。

大坂へ労いの言葉を語ったサーシャ・バインコーチ【写真:石倉愛子】
大坂へ労いの言葉を語ったサーシャ・バインコーチ【写真:石倉愛子】

全米OPから10連勝で決勝進出「大きな大会の優勝後は気が抜けることがある」

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン」は23日、シングルス決勝が行われ、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)が同8位で第4シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)に4-6、4-6で敗れ、凱旋Vはならず。1995年の伊達公子以来、日本勢23年ぶりの優勝を逃し、16年大会に続く準優勝。全米オープンから続く連勝も10で止まった。サーシャ・バインコーチは“燃え尽きなし”で決勝まで辿り着いた大坂に対し、「成し遂げたことを誇りに思う」と労った。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 会見に応じたバイン氏は「今日はプリスコバが手堅いプレーをしていた。ナオミはいつもよりアンフォーストエラーが多かったが、全体的にプリスコバがいい試合運びをしていた。ナオミが活躍できる試合ではなかった」と元世界1位らしい冷静な試合運びを見せたプリスコバを称えた。

 最近では珍しくミスが出た試合。バイン氏は「気持ちが入りすぎていたように思う。修正しようと試みたが、本当にわずかな差で(ショットが)入っていれば、もっと違う展開に持ち込めた。この大会に勝ちたい気持ちが強く、気がはやっていた」と凱旋Vにかける思いが強かった大坂を慮った。

 全米オープンからわずか1セットしか落とさず、10連勝で決勝進出。圧巻の快進撃だった。「今週、成し遂げたことを誇りに思う。結果は我々が期待したものではなかったが、普通は大きな大会の優勝の後は気が抜けることがある中、集中して臨んでいた。序盤は体調も100%じゃない試合もあったが、それで決勝まで来た。ポジティブな面しかない」と恩師は前向きだった。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー