[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみは「少し疲れていた」 優勝プリスコバが気遣う「サーブの速度落ちていた」

テニスの「東レ パンパシフィックオープン」は23日、シングルス決勝が行われ、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)が同8位で第4シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)に4-6、4-6で敗れ、凱旋Vはならず。1995年の伊達公子以来、日本勢23年ぶりの優勝を逃し、16年大会に続く準優勝。全米オープンから続く連勝も10で止まった。勝ったプリスコバは「少し疲れがあったと思う」と大坂の疲労を気遣った。

大坂なおみを圧倒して優勝したカロリナ・プリスコバ【写真:石倉愛子】
大坂なおみを圧倒して優勝したカロリナ・プリスコバ【写真:石倉愛子】

優勝のプリスコバが労う「今日はサーブが勝敗を分けた」

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン」は23日、シングルス決勝が行われ、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)が同8位で第4シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)に4-6、4-6で敗れ、凱旋Vはならず。1995年の伊達公子以来、日本勢23年ぶりの優勝を逃し、16年大会に続く準優勝。全米オープンから続く連勝も10で止まった。勝ったプリスコバは「少し疲れがあったと思う」と大坂の疲労を気遣った。

【特集】「夢を与えてあげてください」世界一を知る名将が日本の指導者に贈る言葉(GROWINGへ)

 大坂を圧倒した。プリスコバは長身から繰り出す強烈なサーブを武器にブレークを許さず。大坂にミスが出ても冷静にプレーし続け、ストレートで勝った。コート上のインタビューでは「大坂選手はよくプレーした。疲れもあったと思う。でも、彼女には明るい未来が待っている。いい選手。これから頑張ってくれる」と敬意を示していたが、会見では疲労を気遣った。

「素晴らしい選手だった」と賛辞を送った上で「大坂選手も少し疲れていたんじゃないか。今日はサーブが勝敗を分けた」と勝因について言及。サーブの威力についても「少し(疲れが)あった。スピードが落ちていたように思う。でも、さまざまなサーブを打ってきていたけど、ダブルフォルトだったり、簡単なミスが出ていた」と分析していた。

 大坂は全米オープンを戦い抜き、帰国後もさまざまなイベント出演など、多忙を極めて大会に挑んでいた。プリスコバは「彼女はパワーがある選手。パワーは私より上。そこで対抗しようとせずにいいショットを打とうということを心掛けた。簡単な開いてではないと分かっていたので、少ないチャンスをモノにできたことが良かった」と振り返っていた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集