[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ「今までにないくらい疲れている」 準V会見で本音「休む暇がなかった」

テニスの「東レ パンパシフィックオープン」は23日、シングルス決勝が行われ、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)が同8位で第4シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)に4-6、4-6で敗れ、凱旋Vはならず。1995年の伊達公子以来、日本勢23年ぶりの優勝を逃し、16年大会に続く準優勝。全米オープンから続く連勝も10で止まった。会見では「今までにないくらい疲れを感じている」と本音を吐露した。

16年大会に続く準優勝となった大坂なおみ【写真:石倉愛子】
16年大会に続く準優勝となった大坂なおみ【写真:石倉愛子】

プリスコバにまさかの完敗、今後は2戦出場予定も「まだ100%じゃない」

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン」は23日、シングルス決勝が行われ、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)が同8位で第4シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)に4-6、4-6で敗れ、凱旋Vはならず。1995年の伊達公子以来、日本勢23年ぶりの優勝を逃し、16年大会に続く準優勝。全米オープンから続く連勝も10で止まった。会見では「今までにないくらい疲れを感じている」と本音を吐露した。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

「今はとても疲れを感じている」と語った大坂なおみ【写真:石倉愛子】
「今はとても疲れを感じている」と語った大坂なおみ【写真:石倉愛子】

 日本中のファンが待ち望んだ凱旋Vには届かなかった。経験で上回る元世界1位のプリスコバにストレート負け。試合後の会見では「プリスコバが素晴らしい試合をした。サービスも良かった。試合でも多くのことは考えられなかった。時間が経てば、振り返ることはあるのかな。皆さんの方がどこが悪かったか、ご存知じゃないかと思う」とまだ整理がつかない様子だった。

 試合ではアンフォーストエラーが目立ち、リズムを悪くした。全米オープンを制し、休む間もなく今大会に突入。大きな注目を浴びた。「こういう状況には慣れてない。全米オープンから多くのことが早く進んだ。自分でどんなことが起きているか分かっていない」と語り、疲労について問われると「このところ休む暇がなかった。今はとても疲れを感じている」と語った。

 今後はWTAファイナル出場を大目標に掲げ、2試合に出場する予定であることを明かした。それでも「今までにないくらいの疲れを感じているので。チームとはまだ話していないけど、今後どうするかはまだ100%ではない」と本音をこぼした。会見では大坂らしい笑顔も何度か見られたが、まずは全米オープンからの疲労を癒し、次なる戦いに挑む。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集