[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、前後左右の“超絶ラリー”にWTA興奮「言葉が出ない!本当に現実離れ!」

テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は22日、シングルス準決勝で世界ランク7位の第3シード・大坂なおみ(日清食品)は同37位のカミラ・ジョルジ(イタリア)を6-2、6-3で下し、全米オープンから10連勝で決勝進出。凱旋Vに王手をかけた。第1セットには前後左右に揺さぶられながら粘ってポイントを奪った“超絶ラリー”が炸裂。WTAが動画付きで公開し、「言葉が出ない! 本当に現実離れしている!」と絶賛している。

凱旋Vに王手をかけた大坂なおみ【写真:荒川祐史】
凱旋Vに王手をかけた大坂なおみ【写真:荒川祐史】

第1セットに炸裂したスーパープレーをWTAが公開

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は22日、シングルス準決勝で世界ランク7位の第3シード・大坂なおみ(日清食品)は同37位のカミラ・ジョルジ(イタリア)を6-2、6-3で下し、全米オープンから10連勝で決勝進出。凱旋Vに王手をかけた。第1セットには前後左右に揺さぶられながら粘ってポイントを奪った“超絶ラリー”が炸裂。WTAが動画付きで公開し、「言葉が出ない! 本当に現実離れしている!」と絶賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大坂が会場にこの日一番の熱狂を呼んだ。第1セット、2-2で迎えた第5ゲームだ。ジョルジの強烈で右サイドいっぱいに振られた大坂。次は逆サイドに打ち込まれたが、猛ダッシュで右手一本で拾う。ここで前進してきたジョルジに再び、右サイドにボレーを打たれたが、なんとこれも拾ってみせた。

 大坂が返すたびに大きくなるどよめき。辛うじて放ったロブショットは無人の相手コート奥へ行くと、今度は大坂の番だ。懸命に追いかけたジョルジが返したが、山なりのチャンスボールに大坂が前進し、渾身のスマッシュが炸裂。粘って粘って、最後は最高の形でポイントを奪ってみせた。

 前後左右を駆け抜けたスーパープレーに会場も大興奮となり、大坂に喝采が降り注いだ。超絶ラリーの一部始終をWTA公式ツイッターは「言葉が出ない! 本当に現実離れしている!」という絶賛コメントともに動画付きで速報し、大きなインパクトを与えていた。

 試合後には「今日はとてもよくできた。相手もしっかりと準備して入ってくると思った。波に乗ってしまうと勝つことができない相手。彼女はそういう試合をこなしてきたし、私もベストを尽くして対抗することだけだった」と冷静に振り返った。充実ぶりをコートで示している大坂。凱旋Vに王手をかけた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集