[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • プロ志望届 高校生は第3週22人が提出 大阪の“公立の星”右腕ら、好素材が続々

プロ志望届 高校生は第3週22人が提出 大阪の“公立の星”右腕ら、好素材が続々

日本高校野球連盟が5日から開始したプロ野球志望届の公示は第3週を終えた。今週(18日~21日)は22人が提出し、高校生の提出者は74人になった。

ここまでの高校生によるプロ志望届提出者は計74人となった
ここまでの高校生によるプロ志望届提出者は計74人となった

高校生の提出者は計74人に

 日本高校野球連盟が5日から開始したプロ野球志望届の公示は第3週を終えた。今週(18日~21日)は22人が提出し、高校生の提出者は74人になった。

【最新版】すでに116人が提出! 高校生74人&大学生42人、あのドラ1候補の名前は? <プロ野球志望届提出者全一覧>

 投手では、汎愛(大阪)の147キロ右腕・羽田野温生(はるき)投手らが提出。甲子園出場はないが、187センチの長身から威力ある直球を投げ込む“公立の星”だ。春夏の甲子園に出場した創成館(長崎)の大型左腕・川原陸、宜野湾(沖縄)の本格派右腕・國仲祐太に加え、DeNAの細川成也の弟、明秀学園日立(茨城)の右腕・細川拓哉も提出した。

 野手では、高校通算45本塁打を誇る明豊(大分)の浜田太貴外野手、身体能力の高い中部商(沖縄)の知念侑輝外野手、今春センバツ3回戦に進出した明秀学園日立・増田陸内野手、延岡学園(宮崎)の小幡竜平内野手らが提出し、投打ともにプロの注目を集め、将来性豊かな好素材が続々とリストに名を連ねた。

 大学生はすでに42人が提出している。提出期限は10月11日。提出者は同25日に行われるプロ野球ドラフト会議で指名対象となる。ドラフト1位候補と目される大阪桐蔭(大阪)の根尾昂内野手、藤原恭大外野手らは未だ提出しておらず、今後の動向に注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー