[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

二宮、加藤組が日本勢初V なおみフィーバーに感謝「もっとダブルス認知させたい」

テニスの「東レ パンパシフィック・オープン」は22日、ダブルス決勝で加藤未唯(ザイマックス)、二宮真琴(橋本総業)組が第1シードのアンドレア・フラバーチコバ、バルボラ・ストリツォバ組(チェコ)に6-4、6-4でストレート勝ち。日本勢初優勝の快挙を達成した。

日本勢初優勝の快挙を達成した加藤未唯、二宮真琴組【写真:荒川祐史】
日本勢初優勝の快挙を達成した加藤未唯、二宮真琴組【写真:荒川祐史】

“公開プロポーズ”で東京五輪までペア継続に意欲「2人で上を目指したい」

 テニスの「東レ パンパシフィック・オープン」は22日、ダブルス決勝で加藤未唯(ザイマックス)、二宮真琴(橋本総業)組が第1シードのアンドレア・フラバーチコバ、バルボラ・ストリツォバ組(チェコ)に6-4、6-4でストレート勝ち。日本勢初優勝の快挙を達成した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

歓喜の瞬間、2人が熱い抱擁を交わすと、超満員の観衆から拍手が降り注いだ【写真:荒川祐史】
歓喜の瞬間、2人が熱い抱擁を交わすと、超満員の観衆から拍手が降り注いだ【写真:荒川祐史】

 ついにやった。加藤、二宮組が第1シードの強敵を倒し、頂点に辿り着いた。日本勢初V。歓喜の瞬間、2人は熱い抱擁を交わすと、超満員の観衆から拍手が降り注いだ。試合後は「2人で優勝を勝ち取れたことがうれしい」と口を揃え、快挙よりも2人の団結力で掴んだ優勝を喜んだ。

 コート上のインタビューで二宮が今後もペアを組んでいきたいと宣言。会見では「軽くプロポーズしました」と笑い、「未唯ちゃんはダブルスもうまい。時々、とんでもない動きをするけど、それもプラスになる。五輪を目指してやっていきたい」と改めて、今後について語った。

 ただ、続けて「私が一方的にそう思っているだけかもしれないけど、私はそういう気持ちでいます」と茶目っ気たっぷりに隣の加藤に水を向けると、“告白”を受けた加藤も「現役の間は組んでいきたいなと思います」と“受諾”し、互いに笑い合った。加藤は「東京五輪でメダルを獲りたい。2人で上を目指したい」と誓った。

 今大会はシングルスで快進撃を続ける全米オープン女王・大坂なおみ(日清食品)でかつてない注目を浴びる大会。加藤は「なおみフィーバーでお客さんがいっぱいいる中で優勝できて、ダブルスも認知してもらえたと思う。でも、もっと認知してもらえるようにダブルスを盛り上げたい」と語った。

 さらに、二宮も「日本人ペアは海外選手と比べると、ちょこちょことした動きが多い。そこを強みとしてやっていきたい。海外選手を惑わせられるように」とダブルスの面白さをアピールしていた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集