[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

強すぎる大坂なおみ、全米OPから9連勝で失ったセットは「1」 5戦連続ストレート勝ち

テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は21日、シングルス準々決勝を行い、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)は同25位のバルボラ・ストリコバ(チェコ)と対戦。6-3、6-4でストレート勝ち。準優勝だった2016年以来、2大会ぶりに4強に進んだ。これで全米オープンから9連勝。うち8試合でストレート勝ちを演じ、失ったセットはわずか1と圧巻の快進撃を続けている。

大坂なおみ【写真:荒川祐史】
大坂なおみ【写真:荒川祐史】

また圧勝、観衆に感謝「皆さんの応援が力になりました」

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は21日、シングルス準々決勝を行い、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)は同25位のバルボラ・ストリコバ(チェコ)と対戦。6-3、6-4でストレート勝ち。準優勝だった2016年以来、2大会ぶりに4強に進んだ。これで全米オープンから9連勝。うち8試合でストレート勝ちを演じ、失ったセットはわずか1と圧巻の快進撃を続けている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 また圧勝だった。マッチポイント。大坂の弾丸のようなサーブをストリコバはなんとか打ち返したが、力ないリターンはネットにかかる。かつて「シンカンセン」と愛称をつけられた相手に“新幹線サーブ”をお見舞いし、見事に決着。大歓声に沸いた瞬間をWTA公式ツイッターが動画付きで速報するなど、さすがの注目ぶりを見せている。

 まさに圧巻の快進撃だ。これで全米オープンから9連勝。セリーナ・ウィリアムズ(米国)を破った全米決勝を含め、8試合でストレート勝ちを演じ、失ったセットは全米4回戦のアリナ・サバレンカ(ベラルーシ)戦の1セットのみ。相手を寄せ付けない圧倒的な強さを日本でも発揮し、WTAインサイダーもこのデータをツイッターで紹介している。

 試合後コート上でインタビューを受けた大坂は「とてもいい試合をする選手だと知っていました。(ストリコバと初対戦だった3年前と比べて)すべての面で成長したと思います。当時は17歳でしたから。皆さんの応援が力になりました」と観衆に感謝し、会場を沸かせた。

 22日の準決勝では、この後行われる世界ランク37位のカミラ・ジョルジ(イタリア)と同63位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)の勝者と対戦するが、新幹線ナオミ号の勢いはまだ止まりそうにない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集