[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、ストレート勝ちで全米から破竹の9連勝 「全ての面で成長したと思う」

テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は21日、シングルス準々決勝を行い、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)は同25位のバルボラ・ストリコバ(チェコ)と対戦。6-3、6-4でストレート勝ち。準優勝だった2016年以来、2大会ぶりに4強に進んだ。試合時間は91分だった。大坂はこれで全米オープンから9連勝。破竹の快進撃を続けている。

ガッツポーズをみせる大坂なおみ【写真:荒川祐史】
ガッツポーズをみせる大坂なおみ【写真:荒川祐史】

3年前のこの大会で敗れたストリコバとの対戦で成長を証明

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン」(アリーナ立川立飛)は21日、シングルス準々決勝を行い、全米オープンを制した世界ランク7位で第3シードの大坂なおみ(日清食品)は同25位のバルボラ・ストリコバ(チェコ)と対戦。6-3、6-4でストレート勝ち。準優勝だった2016年以来、2大会ぶりに4強に進んだ。試合時間は91分だった。大坂はこれで全米オープンから9連勝。破竹の快進撃を続けている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 凱旋初戦だった2回戦では元世界4位のドミニカ・チブルコバ(スロバキア)にわずか59分でストレート勝ち。超満員のギャラリーの中で貫録を見せつけていた。

 この日もチケットは完売。過去に1勝1敗の32歳との対戦で大坂は勢いを見せた。初戦とは違って、ファーストサーブが入らない苦しい展開。それでも冷静だった。互いにキープし合っての第4ゲームで先に大坂がブレークに成功した。第7ゲームでは今大会初めてブレークを許してしまったが、続く第8ゲームで再びブレークし、このセットを奪った。

 第2セットもファーストサーブに苦しむ展開が続くが、第2ゲームではデュースまでもつれながらも、最後は強烈なサービスエースを決めてキープ。第5ゲームでは相手にダブルフォールトが続き、先にブレークに成功した。中盤以降調子を上げてきた大坂は、このセットはブレークを許さず。最後の第10ゲームはデュースから連続でサービスエースを決めて、ストレート勝ちで4強入りを決めた。

 試合後コート上でインタビューを受けた大坂は「とてもいい試合をする選手だと知っていました。(ストリコバと初対戦だった3年前と比べて)すべての面で成長したと思います。当時は17歳でしたから」と振り返り、重圧については「皆さんの応援が力になりました」と答え会場を沸かせた。

 ストリコバは20日の2回戦で3時間超えの死闘を終えた直後には、ダブルスでも勝利を収めている。計4時間19分を戦い抜き、そこからの連戦。中1日の大坂とは疲労度の違いもあったのは間違いないが、ナオミの勢いを止められなかった。

 大坂にとってストリコバはある意味特別な相手。2017年のウィンブルドン中に“新幹線”というニックネームを名付けられていた。まさに新幹線のような力強い、パワフルなサーブ、ショットを要所で決めて見せた。

 22日の準決勝では、この後行われる世界ランク37位のカミラ・ジョルジ(イタリア)と同63位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)の勝者と対戦する。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集