[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 山本KIDさん訃報を海外メディアも続々報道 「総合格闘技史上最速KO」の功績に脚光

山本KIDさん訃報を海外メディアも続々報道 「総合格闘技史上最速KO」の功績に脚光

総合格闘家の山本“KID”徳郁さんが18日、亡くなった。享年41歳。天才格闘家の早すぎる死を海外メディアも次々に報じている。

山本“KID”徳郁さんの早すぎる死を海外メディアも次々に報じている【写真:Getty Images】
山本“KID”徳郁さんの早すぎる死を海外メディアも次々に報じている【写真:Getty Images】

国際的に活躍したKIDさん、早すぎる死を海外メディアも追悼

 総合格闘家の山本“KID”徳郁さんが18日、亡くなった。享年41歳。天才格闘家の早すぎる死を海外メディアも次々に報じている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広、秋本真吾(GROWINGへ)

 米国のUFCなど、国際的に活躍したKIDさんの影響力を示すように、海外メディアも続々と訃報を報じている。米スポーツ専門局「ESPN」は「ノリフミ“KID”ヤマモト 日本の総合格闘技のスターが41歳で死去」と報じている。

 KIDさんについて、記事では「2000年代中盤に格闘界で最も人気の高かったファイターの一人」と改めて評価。そして、2006年5月3日のHERO’Sで宮田和幸を4秒で倒した一戦について「総合格闘技史上最速のノックアウト」と功績に脚光を浴びせている。

 英公共放送「BBC」は「ノリフミ“KID”ヤマモト 日本出身の元UFCファイターががんのため41歳で死去」と報じた。記事では「2011年にデメトリアス・ジョンソンとのUFCデビュー戦で敗れるまで、彼は日本の修斗とK-1で名を馳せた」と報じている。

 一方、アルゼンチン地元紙「クラリン」は「日本人ファイターの早すぎる死でMMAに悲しみ」と特集。「彼は世界で最も知られた日本人ファイターの一人であり、国際的な総合格闘技のスターだった」と再評価している。

 米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」も「総合格闘技のファイター、ノリフミ“KID”ヤマモトががんの診察結果の後、死去」とレポート。海外メディアも次々に追悼していた。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー