[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「ウオッホ~!」と解説者唸る 超人的左腕の“弾丸ライナー背面キャッチ”に騒然

「ウオッホ~!」と解説者唸る 超人的左腕の“弾丸ライナー背面キャッチ”に騒然

米大リーグで投手強襲の弾丸ライナーを体の後ろで“背面キャッチ”。飛び出した走者をアウトにするというスーパープレーが発生した。超人的な反応を見せた決定的瞬間をMLBは動画付きで紹介。現地の解説者は「ウオッホ~!」と唸り声を上げ、喝采を送っている。

メッツの左腕スティーブン・マッツ【写真:Getty Images】
メッツの左腕スティーブン・マッツ【写真:Getty Images】

メッツ左腕マッツがライナーに超人的反応を演じて併殺完成

 米大リーグで投手強襲の弾丸ライナーを体の後ろで“背面キャッチ”。飛び出した走者をアウトにするというスーパープレーが発生した。超人的な反応を見せた決定的瞬間をMLBは動画付きで紹介。現地の解説者は「ウオッホ~!」と唸り声を上げ、喝采を送っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 人間離れした反応と捕球で仰天させたのは、メッツの左腕スティーブン・マッツ投手だ。18日(日本時間19日)のフィリーズ戦、2-0とリードした5回1死一塁、右打者の3番・クインを迎えた場面だった。

 その2球目、甘く入った変化球を捉えられた。白球は真正面に飛ぶ。弾丸のようなライナーが投げ終えたマッツの足元を襲った。次の瞬間だ。マウンド上の左腕は軽く跳ね上がりながら、右手にはめたグラブをお尻の後ろから回してグラブを出した。そして、見事に収める。勢い余って体勢を崩し、マウンドに転がったが、見せ場はさらにここからだ。

 すぐに上体だけを起こし、両膝を突いたまま、一塁へ送球。飛び出していた走者をアウトにしてみせたのだ。触れなければ、二遊間も抜けていただろう打球に“背面キャッチ”を演じ、ピンチ拡大の事態が一転、併殺で脱出するスーパープレーに。スタジアムも思わずどよめき、騒然とした空気に包まれていた。

 MLB公式インスタグラムは動画付きで決定的瞬間を紹介。中継していた現地の解説者も「ウオッホ~!」と唸るような声を上げ、喝采を送っていた。5回無失点でお役御免となったマッツだったが、救援陣が打ち込まれて6勝目を逃した。それでも、力投とともに演じたスーパープレーはこの日のハイライトになった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー