[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 奥原、日本人対決で2年ぶり決勝へ 完敗の大堀「やりたいこと出させてもらえず」

奥原、日本人対決で2年ぶり決勝へ 完敗の大堀「やりたいこと出させてもらえず」

注目の日本人対決は、奥原が大堀を退けた。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は15日に各種目の準決勝を行い、女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)は、ストレート(21-12、21-12)で大堀彩(トナミ運輸)を下して2年ぶりの決勝進出を果たした。

奥原希望は大堀彩を破って2年ぶりの決勝進出を果たした【写真:平野貴也】
奥原希望は大堀彩を破って2年ぶりの決勝進出を果たした【写真:平野貴也】

敗れた大堀は再挑戦に意欲「課題がたくさん残った。もっと強くなりたい」

 注目の日本人対決は、奥原が大堀を退けた。バドミントンの国際大会「ダイハツヨネックスジャパンオープン2018」は15日に各種目の準決勝を行い、女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)は、ストレート(21-12、21-12)で大堀彩(トナミ運輸)を下して2年ぶりの決勝進出を果たした。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 今大会で初戦から「コンディションが良い」と話していた大堀のプレーは、決して悪くなかった。ラリーの中から先手を打ち、スピードのあるフットワークで相手の揺さぶりにも対応していた。ただ、ファインショットを打っても奥原に拾われ、ラリーの連続性が高まると相手より先にミスが出た。

 終始リードして試合を進める展開の中、奥原が強さを見せたのは点差が縮まったときだった。第1ゲーム、11-8で折り返すと、すかさず連続得点で点差を広げた。13-11の場面では、ラリーから大堀が鋭いスマッシュを放ったが、奥原は粘りを見せてレシーブ。返球をパッシングショットで狙った大堀の球がアウトになった。大堀にとっては、点差を縮めてプレッシャーをかけられるという場面だったが、結果を見てみれば、奥原が勝負所を譲らずにリードを守っていた。試合の流れをつかんだら離さない。5連続得点につなげて一気にゲームを物にした。

 第2ゲームも中盤で優位を明確にした。3連続得点で14-9とした場面。大堀がネット前に落とした球の精度が良く、奥原は体勢を崩された。しかし、どうにかこらえると、大堀が放ったクリアをスマッシュで打ち落とした。相手にしてみれば、いけると思った場面で点を失う嫌な展開。奥原は「(7月の)タイオープンの対戦では、中盤で逆転されたので、警戒していた」と話したが、付け入る隙を与えない強さは際立っていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー