[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

奥原、日本人対決で2年ぶり決勝へ 完敗の大堀「やりたいこと出させてもらえず」

奥原「点数以上に内容のあるラリーができた」

 シニアの国際大会における通算対戦成績は、奥原の6勝1敗となった。大堀は、2014年を最後に奥原に勝てていない。8月の世界選手権で初戦敗退を喫するなど、時折大崩れを見せるが、今大会では安定して力を発揮していた。しかし、それでも及ばず、大堀は「やりたかったことを出させてもらえなかった。そうなったときの対処法、まだ引き出しが少ない。やられているまま、崩れて、ミスをする形になっていたと思う。(狙っていた)スピード勝負をしても互角、または私が上回っている部分ではなかったと思う。そう簡単にスピードも出させてもらえず、課題がたくさん残った。もっと強くなりたい」と再挑戦を誓った。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 日本での大会らしく、試合中は「奥原1本!」という声や「彩、ファイト!」と両者を応援する声援が飛び、どちらとも言わない「頑張れ」や「ニッポン」コールも鳴り響いた。勝った奥原は「点数以上に内容のあるラリーができた。一つ歯車が狂えば、どうなっていたか分からなかった」と後輩に対するリスペクトを込めて、大舞台で日本人対決ができた充実感をのぞかせた。佐藤冴香(ヨネックス)、大堀彩と2人の日本代表を破って決勝に勝ち上がった奥原は、2014、15、18年の世界選手権、2016年のリオデジャネイロ五輪を制したキャロリーナ・マリン(スペイン)と対戦する。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集