[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

後半4回転3本 羽生結弦、海外メディアも称賛「SPより一層力強い演技見せた」

フィギュアスケートの世界国別対抗戦(代々木第一体育館)2日目は21日、日本が合計81点として初日に続き、首位を守った。その原動力となったのは、男子シングルのフリーで1、2位を独占したエース・羽生結弦(ANA)と宇野昌磨(中京大)。海外メディアも“最強コンビ”の名前を挙げ「日本の順位を強固なものにした」と報道し、とりわけ羽生を高く評価している。

国別対抗、唯一200点台で宇野と1、2位独占、日本首位キープ「順位を強固にした」

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(代々木第一体育館)2日目は21日、日本が合計81点として初日に続き、首位を守った。その原動力となったのは、男子シングルのフリーで1、2位を独占したエース・羽生結弦(ANA)と宇野昌磨(中京大)。海外メディアも“最強コンビ”の名前を挙げ「日本の順位を強固なものにした」と報道し、とりわけ羽生を高く評価している。

 羽生は後半に4回転を3本成功させるなど、積極的な滑りで200.49点をマーク。最終滑走で登場したSP1の宇野も198.49点で2位に入り、上位を日本勢で独占した。チーム得点も2人で23点を獲得し、一時3位に転落していた日本を再浮上させた。

 米スケート専門メディア「icenetwork」は「チーム・ジャパンが世界国別対抗戦で一挙にリード」と伝え、2位のアメリカに3点差をつけた日本について言及。「ユヅル・ハニュウとショウマ・ウノは男子フリーで1、2位になり、日本の順位を強固なものにした」と男子シングル2人の貢献ぶりを称賛した。

 記事では、主将を務めるアイスダンスの村元哉中が「結弦と昌磨に驚かされました。(三原)舞依と(樋口)新葉は(昨日の)ショートプログラムで自己ベストを記録しました。幸いにも、良い流れが続いています。優勝の可能性は高いと思います。だから、すごくワクワクしているんです」と話したことを紹介している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集