[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 左腕打ち成功の大谷翔平、初被弾のレ軍サウスポーは脱帽「いい選手、いい打者だ」

左腕打ち成功の大谷翔平、初被弾のレ軍サウスポーは脱帽「いい選手、いい打者だ」

「オオタニはこの弱点に対して、前進となる一歩を踏み出した」

 記事では大谷が歴史的なルーキーイヤーを送っている中で、唯一左腕に苦しんでいたことを紹介。「しかし、オオタニはこの弱点に対して、前進となる一歩を踏み出した。レンジャーズ戦で対左投手では初となるホームランを放った」と伝えている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広、秋本真吾(GROWINGへ)

 同サイトによると、被弾した左腕マイナーは「明らかなことだが、彼がアジャストしてきた。いい選手、いい打者だよ」と大谷を称賛。そして試合前のソーシア監督のコメントにも触れている。

「ショウヘイには自信を持っている。左投手を打てるようになるには、場数を踏んで経験を積まなければいけない。アルバート(・プホルス)の離脱で、彼が左投手相手に打席に立つ機会も増えると思う。MLBの左投手に関して理解するための経験を積んでいけるだろう」

 こう話していたが、さっそく結果を出して見せた大谷。指揮官も安堵させ、今後の出場機会増は確実。日本人野手のMLB1年目では、2003年の松井秀喜(ヤンキース)に並び、2006年の城島健司(マリナーズ)の18本も射程圏。初の20本の大台も見えてきた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー