[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平は「左から打てる」 苦手克服弾に米ファン歓喜「もう、毎日打たせよう!」

大谷翔平は「左から打てる」 苦手克服弾に米ファン歓喜「もう、毎日打たせよう!」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。6回の第3打席で右中間席へ16号ソロを叩き込んだ。左腕からの初の一発で、2003年の松井秀喜(ヤンキース)の1年目の数字に並んだが、チームは2-4で敗れた。エンゼルスは公式インスタグラムで、飛距離413フィート(約125.9メートル)の左腕撃破弾を公開。ファンからは「もう毎日打たせましょう」などと投手の左右に関わらず起用を待望する声が上がっている。

右中間席へ16号ソロを叩き込んだ大谷翔平【写真:Getty Images】
右中間席へ16号ソロを叩き込んだ大谷翔平【写真:Getty Images】

左腕から待望の一発にファンも待ってましたの大反響

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。6回の第3打席で右中間席へ16号ソロを叩き込んだ。左腕からの初の一発で、2003年の松井秀喜(ヤンキース)の1年目の数字に並んだが、チームは2-4で敗れた。エンゼルスは公式インスタグラムで、飛距離413フィート(約125.9メートル)の左腕撃破弾を公開。ファンからは「もう毎日打たせましょう」などと投手の左右に関わらず起用を待望する声が上がっている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 大谷がついに左腕から打った。1、2打席はタイミングが合わず連続三振に倒れていたが、1-4の6回先頭で迎えた第3打席でそのバットが火を噴いた。2ボール1ストライクからの4球目、左腕マイナーの86.4マイル(約139キロ)の外寄りのスライダーを完璧に捉えた。高々と舞い上がった打球は右中間席で弾んだ。サウスポー攻略の一打は、飛距離413フィート(約125.9メートル)の完璧なアーチだった。

 試合前まで、右腕相手には打率.311、15本塁打、41打点だが、左腕相手には打率.177、0本塁打、2打点と苦手としていた。左腕が先発した際には先発を外れることも多かったが、苦手克服に一歩前進した。

 エンゼルスは「レフティがレフティからの犯行」とつづり、豪快な左腕打ち弾を公開。するとファンからは続々と歓喜のコメントがつけられている。

「彼が怪我をしなければ、MVPは間違いなしのシーズンだね」
「もう、毎日打たせよう!」
「素晴らしい!行け!オオタニさん」
「レッドソックスのファンだが、オオタニとトラウトの大ファンだ!」
「オオタニさんの大きな一発!」
「左ピッチャーからでも打てるね、左ピッチャー相手にベンチに座らせるのはやめて」
「この男を愛さずにはいられない」

 左腕先発時もスタメン起用を待望する声が続々。シーズン終盤になり、また一つ課題をクリアした“二刀流の怪物”。最後まで驚きを提供し続けてくれそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー