[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「“アジアの盟主”が連覇」 韓国紙が見た日韓戦、「プライド捨てた」と日本を酷評

「“アジアの盟主”が連覇」 韓国紙が見た日韓戦、「プライド捨てた」と日本を酷評

アジア大会(ジャカルタ)は1日、男子サッカーの決勝で日本は韓国に1-2で敗戦。2大会ぶり2度目の優勝を逃した。2020年の東京五輪世代となるU-21代表で挑んだ日本は、オーバーエージ枠にロシアW杯メンバーのソン・フンミン(トットナム)を選出、兵役免除もかかり“本気度”の違った韓国に120分間の死闘の末に敗戦。韓国メディアはこの試合をどう報じたのだろうか。

アジア大会決勝で日本を破った韓国代表【写真:Getty Images】
アジア大会決勝で日本を破った韓国代表【写真:Getty Images】

大会連覇の韓国、母国紙は決勝をどう報じたのか?

 アジア大会(インドネシア・ジャカルタ)は1日、男子サッカーの決勝で日本は韓国に1-2で敗戦。2大会ぶり2度目の優勝を逃した。2020年の東京五輪世代となるU-21代表で挑んだ日本は、オーバーエージ枠にロシアW杯メンバーのソン・フンミン(トットナム)を選出、兵役免除もかかり“本気度”の違った韓国に120分間の死闘の末に敗戦。韓国メディアはこの試合をどう報じたのだろうか。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 韓国紙「朝鮮日報」は「“アジアサッカーの盟主”とされる韓国がアジア大会2連覇を達成したのは今回が初めてだ」と伝えている。

 記事では、序盤から韓国が優勢に進めたが、引いて守る日本をなかなか崩せず延長に突入。延長前半3分に均衡を破ったが、攻撃の手を緩めず同11分に追加点を挙げた試合内容をレポートしている。

「血を凍らせた史上初のアジア大会サッカー決勝韓日戦はその韓国の勝利で幕を下ろした。赤く染まった韓国応援団はすべての力を尽くた選手たちに向かって総立ちで、拍手と一緒に歓声を送った。試合が行われた場所が、インドネシアではなく、ソウルのワールドカップ競技場と錯覚するほどだった」

 まるでホームのように歓喜に沸いたと、締めくくっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー