[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ボルト、決定機に“人類最速の足”が30cm届かず 解説者笑う「スピードが足りない」

ボルト、決定機に“人類最速の足”が30cm届かず 解説者笑う「スピードが足りない」

陸上男子100メートル、200メートル世界記録保持者のウサイン・ボルトが31日、豪州でサッカー選手デビューした。

豪州でサッカー選手デビューを果たしたウサイン・ボルト【写真:Getty Images】
豪州でサッカー選手デビューを果たしたウサイン・ボルト【写真:Getty Images】

サッカーデビュー戦、触ればゴールのチャンスをフイに…決定的瞬間の動画に反響

 陸上男子100メートル、200メートル世界記録保持者のウサイン・ボルトが31日、豪州でサッカー選手デビューした。Aリーグの練習生として参加したクラブのプレシーズンマッチに途中出場。最大の見せ場は後半アディショナルタイム。右サイドからのクロスにフリーで飛び込んだが、あと30センチ届かず。その瞬間を米メディアが動画付きで公開し、詰め切れなかった“人類最速男”に「ちょっとスピードが足りなかった」と解説者から辛辣なジョークが飛んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 “人類最速男”の足でも届かなかった。セントラルコーストの練習生として挑んだセントラルコースト選抜とのプレシーズンマッチ。後半26分にピッチに立つと、最大の見せ場は後半アディショナルタイムに訪れた。ペナルティーエリアの裏のスペースを突いた味方が右サイドからクロスを供給。これに中央からフリーで走り込んでいたのはボルトだった。

 背番号95は猛然と10メートルほどダッシュし、クロスに反応。あとは触ればゴール間違いなし。そして、左足を出した次の瞬間だった。懸命に伸ばした足は届かず、ボールは無情にも通過。左サイドへ抜けていった。盛り上がったスタジアムは一転してため息に包まれ、ボルトも苦笑いを浮かべ、悔しさをにじませていた。結局、デビュー戦は無得点だった。

 米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式ツイッターは“届かなかった30センチ”の決定的瞬間を動画付きで公開。映像では実況が「わずかに届きませんでした。惜しい瞬間でした」と言うと、解説者は「ちょっとスピードが足りませんでしたね」とジョークを飛ばす場面も。目の当たりにした海外ファンからも続々と反響を呼んでいた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー