[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、折られながらも“シフト破りの中前打” 走り出すと転びかけるシーンも…

大谷翔平、折られながらも“シフト破りの中前打” 走り出すと転びかけるシーンも…

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が22日(日本時間23日)の敵地ダイヤモンドバックス戦に代打で出場し、バットを折られながらも中前打を放った。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地のDバックス戦で6回に代打で出場、バットを折られながらも中前へ

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が22日(日本時間23日)の敵地ダイヤモンドバックス戦に代打で出場し、バットを折られながらも中前打を放った。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 敵地での交流戦で指名打者制がなく、大谷は2試合連続でのベンチスタート。出番が来たのは3点を追う6回だ。投手の代打として先頭で打席に入ると、バックホルツと対戦。カウント2-2からの6球目、90.7マイル(約146キロ)内角ツーシームをスイング。完全に差し込まれ、バットも折られたが、打球は二塁ベースの左を抜けて中前へ。

 遊撃手が二塁ベース付近に配置され、一、二塁間を3人で守る“大谷シフト”を破る、“三遊間を抜けるセンター前安打”。体勢を崩されていたため、走り出した瞬間に転びかける珍しいシーンもあったが、見事に一振りで期待に応えた。

 これがMLBでの60安打目。得点にこそつながらなかったが、大谷は代打でも存在感を発揮し続けている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー