[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥が「母国でKOするのはお決まりの楽しみ」!? 英誌が国内での圧倒的強さ紹介

井上尚弥が「母国でKOするのはお決まりの楽しみ」!? 英誌が国内での圧倒的強さ紹介

ボクシングWBAバンタム級王者・井上尚弥(大橋)が出場するワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦が10月7日の横浜アリーナに決まった。バンタム級最強決定トーナメントの初戦で対峙するのは、元WBA世界スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)だが、英メディアは「The Monster」の規格外の強さについて、「彼と戦いたがる人間はほとんどいない」と高く評価している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

10月7日に1回戦決定、英誌も恐怖「戦いたがる人間はほとんどいない」

 ボクシングWBAバンタム級王者・井上尚弥(大橋)が出場するワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦が10月7日の横浜アリーナに決まった。バンタム級最強決定トーナメントの初戦で対峙するのは、元WBA世界スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)だが、英メディアは「The Monster」の規格外の強さについて、「彼と戦いたがる人間はほとんどいない」と高く評価している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 日本人史上最速の3階級王者の井上は、34歳のベテラン・パヤノと日本で対戦することが決まった。

「The Monsterの異名で知られるナオヤ・イノウエと対戦することよりも恐ろしい唯一のものは、彼の母国で対戦することだ」

 英ボクシング専門誌「ボクシングニュース」電子版は、井上戦を迎える対戦相手の心境をこう表現している。16戦全勝の男の母国で対戦することは最悪の恐怖だというのだ。

「ここまでは、母国で対戦相手をノックアウトすることはナオヤにとってお決まりの楽しみになっている」と紹介。井上はキャリアの16戦のうち、15戦を国内で戦っていることも伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー