[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • やっぱりマンガみたい!? 金足農VS大阪桐蔭、頂上決戦に臨む両校が対照的すぎる

やっぱりマンガみたい!? 金足農VS大阪桐蔭、頂上決戦に臨む両校が対照的すぎる

第100回全国高校野球選手権記念大会の決勝(21日・14時試合開始)のカードが金足農(秋田)対大阪桐蔭(北大阪)に決まった。県勢としても第1回大会以来、103年ぶりの決勝進出を決めた、県立の農業高校vs史上初の2度目の春夏連覇を狙う野球エリート軍団。実に好対照な頂上決戦となった。

決勝は好対照な両チームが激突がすることに
決勝は好対照な両チームが激突がすることに

決勝は好対照な両チームが激突

 第100回全国高校野球選手権記念大会の決勝(21日・14時試合開始)のカードが金足農(秋田)対大阪桐蔭(北大阪)に決まった。県勢としても第1回大会以来、103年ぶりの決勝進出を決めた、県立の農業高校vs史上初の2度目の春夏連覇を狙う野球エリート軍団。実に好対照な頂上決戦となった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 記念すべき100回大会にふさわしい、最高のカードになった。5試合を1人で投げ抜くプロ注目エース吉田輝星(3年)がけん引する金足農と、豊富なタレントを擁する絶対王者・大阪桐蔭。まるでシナリオがあったかのように決勝での対戦が実現した。

 金足農はよく知られるように、ここまでの全5試合を9人で勝ち上がってきた。エース吉田は5試合オール完投。日大三(西東京)との準決勝では134球で1失点完投。5試合で749球を投げ抜いてきた。まさに鉄腕エース。端正なルックスも相まって、今大会の主役であることは衆目の一致するところだ。

 勝ち方も劇的だ。3回戦の横浜(南神奈川)には、2点を追いかける8回裏に高橋佑輔(3年)の起死回生の逆転3ランで2点差を逆転。準々決勝の近江(滋賀)戦は9回裏に2ランスクイズで逆転サヨナラ勝ち。9番打者の斎藤璃玖(3年)のバント職人ぶりや、二塁から一気に本塁に生還した菊地彪吾(3年)の俊足ぶりなど、日替わりヒーローも光る活躍を見せている。

 何より、全員が地元出身の農業高校。東北屈指の右腕として吉田こそ注目を集めていたが、決して前評判は高くなかった。吉田にしても中学時代は軟式の野球部で県大会4強が最高で、高校に入ってから素質が開花。そして甲子園に来て試合を重ねるごとにスケールを増しているような印象すら受ける。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー