[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

やっぱりマンガみたい!? 金足農VS大阪桐蔭、頂上決戦に臨む両校が対照的すぎる

大阪桐蔭は“有名中学生”多数のタレント軍団

 一方の大阪桐蔭は誰もが知る野球エリート集団。二刀流の根尾昴(3年)、高校NO1野手と評される藤原恭大(3年)、最速151キロを叩き出したエース柿木蓮(3年)ら“タレント力”は全国でも随一。18人のベンチ入り全員がシニア、ボーイズの硬式経験者で、中学時代に日本一や世界大会経験者がずらりと並ぶ。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 選手は大阪、兵庫、奈良など関西出身者が中心だが、根尾(岐阜)、柿木(佐賀)、山田健太(3年・愛知)ら有望な素材が全国から集まってくる。もちろんこれまでの圧倒的な実績に裏付けされた、西谷浩一監督の指導の賜物だろう。“甲子園で勝つため”に大阪桐蔭の門をたたいた高校生にとって、決勝にかける思いは計り知れない。

 前評判通り、今大会も圧倒的な破壊力に加えて、接戦を勝ちきる勝負強さも見せて勝ち上がってきた。投手陣も柿木、根尾、横川凱(3年)の3投手でやりくり。準決勝では柿木が155球で完投したが、球数は5試合で400球と吉田の半分程度で決勝にも余力を残しているはずだ。

 戦力では大阪桐蔭が上回るが、勢いでは金足農もひけを取らない。大阪桐蔭は地元だが、接戦になればなるほど、球場の空気は金足農よりになる可能性もある。何より一発勝負では何が起こるかわからない。2007年決勝の佐賀北(佐賀)奇跡の逆転満塁弾など、何かドラマがあるのが甲子園の決勝だ。

 史上初の東北勢Vか、それとも史上初の2度目の春夏連覇か――。100回の記念すべき大会。野球の神様が微笑むのはどっちだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集